忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
太陽光線に感謝の日々
 
信じられない心臓病の回復
 
大分県○市
○村 ○○子  69歳
 
 四十代初めから遺伝的な肥満と高血圧体質になり、四十代後半では心臓肥大と診断され、狭心症のような発作が度々おこり、これは大変と家族の強いすすめで世界的に有名な北九州市小倉記念病院の先生に診断を受けました。異型の心臓病でいつ死んでもおかしくないと言われ、ニトログリセリンを携帯することはもちろん薬も絶対欠かさない様に診断されました。
 太陽光線にご縁があったのは三年前、右膝が特に悪くてビッコを引いて歩きながら痛くて泣く思いでした。
 それを良くするために家に光線治療器一台持ち、二時間程度かけあとは全身照射を毎日受けて七日目位から痛みがとれました。二週間続けましたら不思議に何時の間にか平気で歩けるようになりました。
 また、マンションの引越しの前日、ぎっくり腰になり慌てましたが、朝昼晩全身に三回の照射で当日忘れたように良くなって助かりました。
 先日定期健診でホームドクターから心臓が非常に良くなっているという結果を言われ、二十年余り聞いたことがなかったのでビックリするやら、うれしいやらです。年齢的に悪くなっても良くなることはないと思っていましたので・・・今では毎日光線器一台で一時間足裏・膝の表裏・お腹にかけて、一週間に一度全身にかけています。今では風邪も引かず元気で楽しく働いています。太陽光線に助けてもらう毎日で感謝感謝でございます。
 
株式会社カナモリ
 
上記はサンフォートピアニュース 平成15年5月1日掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
サンフォートピアニュースも販売しています。(年会費1,000円 4回/1年発行)
 
 歳を重ねても人間は毎日新陳代謝を繰り返しています。この体験者の方も膝が痛く、その痛みを無くする努力が、”もう歳のため治らなく、日々悪くなる”と思い込んでいた心臓が良くなっていたのです。
 私達の細胞は新陳代謝で常時新しくなる事を忘れてはならないのです。

 脊髄を痛め車椅子を余儀なくされている方々も同じです。神経細胞も細胞です。光線療法に賭けてみては如何でしょうか?今からでも遅くないと思います。
 
2007/07/04
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
PR
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: