忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。

C型肝炎と診断されて現在生きているのは私一人!!

C型肝炎


 1999年6月30日吉羽(当時)の治療院にご婦人が飛び込んでくる。話の内容はご主人がC型肝炎を患っていて、インターフェロンの治療を既に5ヶ月しているが体調が良くならないがこの”光線治療”で如何なものか?との問い合わせである。

 私は即座に「C型肝炎ウイルスは熱に弱いので効果はあります。でも続けなければ効果はありません。一日二回毎日続けていただければ一ヶ月か二ヶ月先には良い結果がでると確信しますが。」と答えた。

 「では、明日から主人を連れてきます。」とご婦人。
 
 翌日約束の時間にご夫婦で来られ、ご夫婦に”光線治療”のご説明をし、午前中に一回目の治療終了後のご主人の様子。まったく表情がなく、帰られる。
 午後の二回目の治療後の出来事である。大量の汗が出て、臭いがきつい。インターフェロンの成分なのだろう。異様な臭いだ。

 着替えて待合室に戻ってきたご主人「肩のコリが無くなった。あれだけ締め付けられるような感じの肩コリだったのに??」と不思議がる。午前中に北里大学病院にインターフェロン注射その足で当方に午前中一回、午後一回の繰り返しを一ヶ月半程度経過したとき、検査結果が正常値になる。

 これは、インターフェロンが7月末で終わり、光線治療のみとなったからと推測している。8月末会社に復帰し今年42年間勤め上げた会社の定年を迎えた。

 先日(4/20)、全国光線普及協会主催の新潟大会にご出席頂いた。その時のことである。

 「私が当時C型肝炎と診断された時、私以外に同日三人が同じ診断を受けインターフェロン治療を共に受けたがお一人は契約(半年の契約を病院とした)期間前に止め、そのためかどうかは分からないが数年後に亡くなったと聞いた。他のお二人は契約どおりインターフェロン治療が完了したが、昨年肝臓ガンで亡くなられた。残っているのは私一人です。光線治療を選択し、実行したのは私だけだと思います。」との事であった。


埼玉県菖蒲町  ○藤○様(60歳)の体験です。

悩まず・諦めないでご連絡下さい。

ご予約は電話でお願いします。ご相談はメールでもどうぞ!!

サンフォートピア
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/archive1-200803.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

PR

C型肝炎改善例

宮城県鳴子町
男性  58歳

 以前より、C型肝炎といわれ治療を受けていたが、平成13年2月、ついに入院となり、三ヶ月の病院生活を余儀なくされる。それでなんとか落ち着き一ヶ月に一度、検査に通院することを条件に退院許可をもらい自宅療養となる。

 5月末、対症療法での肝炎治療の限界について話し合いをする。ご本人もその事をよく知っており、約三ヶ月間の光線治療を進める意味で百回の照射治療を提案した。

 翌々日、ご本人が百回分の治療費を持って「お願いします。」と言って来た。

 「○○さん、これで貴方は肝炎から解放されるよ!!」と希望を持たせるための話をし、治療開始した。

【治療経過】

 ◎ 6月1日(初日)
・光線治療器  5台使用
・照射時間   40分
・照射箇所と使用カーボン
  足裏(波長4)足首・膝(波長4)肛門(波長4)腹(波長1)背中(波長2)
以上を基本とし三日に一度仰向けで二十分右肝臓部照射。

 初日より発汗状態が良い。「こんなに気持ち良い汗は何年ぶりだろう?」とご本人の感想。下半身から汗が出ていない事をご本人に伝える。

◎ 6月18日
 15回の光線治療終了

◎ 6月19日
仙台の病院で定期検査、肝機能各数値良好の判定

◎ 6月25日
「山歩きをしても川に行っても以前のように疲れることはない。」とご本人が言われた。下半身から大量の汗が出る。(通算24回目)

◎ 7月21日
 この日で42回目の治療。

◎ 7月23日
 仙台の病院で検査。肝機能すべての数値が正常となる。担当医「○○さん、どうしたんだい?君の肝炎ウイルスは全部死んだみたいだな」と驚いていたとの報告を受ける。以降8月19日迄20回通算62回の治療終了。

◎ 8月21日
 仙台の病院で検査。GOT-三十八、GPT-四十、γGTP-五十三と正常値確認。担当医「○○さん、君は本当に運のいい人だ。奇跡だよ。この病気はほとんど治せないと言われているんだから」と喜んでくれたと言う。

その後も光線治療を続け、11月17日まで続け合計百回の治療が終わる。

その後の検査においても全く異常は無いとの報告を受けている。

サンフォートピア
鳴子光線療術院
中鉢 房男

 


上記は平成15年1月に発行されたサンフォートピアニュース第八号記載分です。
サンフォートピアニュースは年四回発行です。購読料1,000円で販売も致します。

悩まず・諦めないでご相談下さい。

ご相談はEメールにてお願いします。

ご予約はお電話でお願いします。前日予約です。

サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/archive1-200803.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

B型+C型肝炎の治療例
青森県青森市
女性 45歳
 
 私は二十代前半でB型肝炎と診断されました。その後、7~8年して子宮外妊娠の手術の時にC型肝炎にも感染。積極的治療をせずに年数回の検査のみでした。
 平成7年に同じC型肝炎だったおばが肝硬変から肝臓がんに移行して亡くなってゆくのを看取り(いつか私も・・・)と心が暗くなる思いでした。
 平成16年の検査でピロリ菌が出たため、勧められてそれに効く薬を飲んだところ、全身がまっ赤に腫れ上がりかゆみのある薬疹が出てしまいました。皮膚科に行くと「すぐに入院して24時間体制で点滴しなければ命の保証はない」と医師から言われたのです。(何故私ばかり・・・)と思いながらどのくらいの入院になるのか聞いたところ「半年になるか、一年になるか、経過を見ないと分からない」という返事でした。当時は仕事で忙しく、知人が開いていた光線治療院は毒出し効果がすごいと記憶していたので、入院は断ってそれに賭けようと決意しました。
 それから青森市の新城にある「光線浴セラピーひまわり」まで毎日、治療に通う日が続きました。全身に光線を浴びているとポカポカと気持ち良く、長い間の心配や不安が溶けていくようでした。後半に流れてくるサラサラした大量の汗に「これが毒出しなんだ!!」と納得するものがありました。先生に“実はB型とC型の肝炎でもある”と打ち明けると「光線の熱と光の作用はウイルスに効果があるから50~100回の全身照射できっと良い結果がでますよ」とニコニコして言われました。暗く重かった心に光が射した瞬間でした。
それからは午前一回、午後一回と一日二回の全身照射をした日も多く、希望を持って治療に通い続けました。三週間で38回の全身照射をした後、一ヶ月ぶりの病院の検査がやってきました。
平成17年1月のことです。担当の医師が驚いたように、私に告げました。「数値が正常の範囲に入っています。普通に生活できる数値です。何もしていないのに普通ここまで数値が下がるわけないんだよ!?常識では考えられない事が起こったねぇ~!!」と検査データを見ながら首をかしげています。大きな公立病院ですから診察室が並んでいて「何?どうしたの?」と別な医師がもう二人入ってきました。担当医が検査の紙を見せると二人とも「おお~~っ!!」と驚きの声を上げました。その声に看護師さんたちも集まってきました。私がポカンとしていると「良かったね!!おめでとう!!」と三人の医師が次々と握手したり、肩を叩いて喜んでくれました。私は(夢だと困る)と思い、その検査結果をコピーしてもらい、光線の竹内先生に見せにゆきました。
検査結果の用紙を見ながら病院での事を報告すると「良かったね。良く頑張ったものね!!あなたがどんなに怖かっただろう・・・と思っていたのよ」と竹内先生が涙を浮かべて言ってくれたので、思わず抱きついておいおい泣いてしまいました。でもそれはうれしい涙でした。
 
 
肝炎のキャリアであることを内緒にしている方は多くいます。歯医者で断られたり、感染の重圧の他、最近のテレビ報道にもあるように死の恐怖と背中合わせだからです。彼女から頂いた検査結果にはHCV、HBVがマイナスとはっきり書いてありました。平成17年5月の検査でも何ともありませんでした。今でも週2~3回の全身照射を続けています。人道的な考えからも肝炎でお悩みに方々に、この情報をお伝えしたいと思っています。(竹内)
 
提供
 
光線浴セラピーひまわり
竹内 千賀子
 
 
上記は、全国光線普及協会編集・発行のサンフォートピアニュース第28号掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
 
諦めないでご相談下さい。
2008/02/23
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: