忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。

台所作業で左親指を切ってしまいました!!


2014/5/14の8:30頃の事です。
左手親指約2cmほどを切ってしまいました!!


この器が割れてしまいました!!
親指に力が入りすぎ割れた小口で切りました!!



光線中・・・!!


光線照射 約20分後
血はすっかり乾いていました!!



左手を洗い流しました!!
 

続いて台所の残りを洗いました!!

台所の片付けが終わって切り傷を確認!!

キズバン(カットバン)を一切使用せず台所での水作業を終わらせました!!


光線治療器に感謝です!!


~・*・~・*・[PR]~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*


各ご家庭に”光線室”が必要です!!


我が家の場合孫の肺炎、急激な嘔吐などでも光線です。


可愛い孫が肺炎と診断されて
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/2/


あなたならどうします???可愛い孫の嘔吐と高熱と下痢???私は光線で完治させました。
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/93/


また、テーブルの角にひたいを強打したときも光線です。


かわいい孫がソファーから転落しおでこをテーブルに強打!!
http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10104580635.html


妻の場合ですが。


30年の悩みの種が光線治療でなくなりました。 腎臓結石!!
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/3/


サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

     
PR
剥離骨折
青森県青森市
男性 14歳
 
我が家の息子が、高い所から飛び降りて手を付いた際に、右手小指の根元を痛め、整形外科で診断を受けました。結果として“剥離骨折”と診断され、包帯で小指と薬指を固定するだけで、完治までには“数週間を要する”との事でした。
家に帰って包帯をはずして見たところ患部は赤く腫れ上がり、痛くて手を握ることは出来ない状態です。そこで、我が家にある光線治療器1台で波長1(赤)のカーボンと波長3(青)のカーボンで患部を前と後ろから各60分光線照射しました。次の日の朝ビックリです。手の腫れが無く、痛みも無く、手を握っても痛みが感じません。昨日医者に言われた“完治までは数週間”は何だったのだろう??と思いました。
この日は、部活(テニス部)を休みましたが、その翌日には練習に復帰しました。単純な治療例ではありますが治癒のスピードが現代医学の判断とあまりにも違いすぎる事に驚きを感じた為、あえて報告致しました。
 
提供
 
光線浴セラピーひまわり
竹内 千賀子
 
 
上記は、全国光線普及協会編集・発行のサンフォートピアニュース第11号掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
 
悩んでないでご相談下さい。
2008/02/27
サンフォートピア
光 線 治 療 院
松本 忠
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10037893555.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/
 おおきなコブを作りました。

さっそく”光線”です。


 "光線照射”後1時間40分経過です。

治療としては合計1時間40分の治療で終了です。

今回の反省点は、我々ジィジ・バァバが一人の孫の面倒を見ることが出来ず、ソファーから転落しおでこに大きなコブをつくりました。

こんな、事故の場合一般常識では”冷やす”となっています。

でも、我々夫婦は迷わず”光線照射”を選択しました。

結果としてこのコブは夕方遅くまで腫れとして残っていましたが、翌日には、何の傷も残らず、きれいになっています。




面倒を見ても、事故は起こります。だから”光線治療器”が自宅に必要なのです。

今回の事故の後、考えました。”冷やす”とどうなっていたか?

この程度(?)の事故は頻繁に起こっていると思います。

冷やすと痛みは薄らぎ、痛みを感じなくなることが”治った”と思ってしまう事。

でも、実際は”青タン”になり数日間はっきりと履歴が分かる状態ではないでしょうか?

我がかわいい孫の、事故後1時間40分後の写真を見て分かるように”青タン”などありません。(その日の夕方は少しだけ青みがありましたが、写真でも分かりませんでした)

けがをしたら”冷やす”が如何に間違っているか?????を今回も体験しました。



悩んでいないでご相談下さい。
 
2007/09/09
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: