忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[1]  [2]  [3]  [4
 不整脈と肝炎と肝臓膿包ガン
 
香川県
  90歳  男性
 
 二〇一〇年の夏に腹痛を起こし救急車で病院に搬送され検診した所、「不整脈と肝炎と肝臓膿包ガン」が発見されました。
 香川医大で手術の日も決まっていましたが、体調が悪く回復するまで手術を延期してもらっていったん帰宅し、太陽総合整体の浪越先生に相談した所“太陽光線治療で良くなるから毎日来なさい”と言われ、手術が回避できたらと思い三ヶ月間ほぼ毎日光線治療をしました。
 三ヶ月後病院で検査した所、不整脈・肝臓も良くなり、肝臓膿包ガンも消えて無くなっていたのは本当にびっくりしました。病院の担当医も不思議がっていました。
 太陽光線治療以外何もしていないので光線照射の効果があったと思います。
 現在は光線機を二台購入し、毎日光線照射し、太陽総合整体の浪越先生の指導により食べ物に注意し体を冷やさないようにし、適度な運動もしています。大好きなゲートボールも毎日出来るようになり感激しております。
 二〇一一年十一月現在、肝臓膿包ガンも高血圧、肝炎も病院の検査結果消滅し、不整脈も無くなり大変快調です。
 太陽総合整体の浪越先生は“病気になるのは年齢ではなくて血管の老化と細胞の老化だから光線治療で血管も細胞も若返るから頑張りなさい”といわれています。太陽総合整体には大変感謝しています。有難うございました。

 
【提供】
太陽総合整体
香川県観音寺市天神町一丁目六‐三七‐二〇三
 
 
上記はサンフォートピアニュース 平成24年 第四十二号掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
サンフォートピアニュースも販売しています。(年会費1,000円 4回/1年発行)
 
2012/02/23
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com
PR
悪性腫瘍
 
再発患者Aさんとの出会い
 
【一】発病、苦しい治療
「こんな状態でも少しは効くものですか?」Aさん(四十三歳)がご主人に付き添われて当院に訪れたのは平成十九年の初冬。
 Aさんは六月に下腹が膨らんできたことから病院で検査。結果は腫瘍マーカー値が225、腹水が一杯で卵巣癌と言われ、左右の卵巣摘出。七月から抗癌剤の投与開始。当初5クールの予定が2クール後、九月また腹水がたまり「再発、粘液性腺癌です」と。髪が抜けてしまう強い抗癌剤を投与され数分後、顔が真っ赤になり心臓がバクバクしショック状態となり病院側を慌てさせた。白血球を上げるという高価な注射も何日か試したがマーカー値は逆に上がっていった。抗癌剤の苦しさに「あと何回ぐらいやるんですか?」と聞くと「どの抗癌剤も効かないあなたはレールから外れてしまったんだから、あと何回とは言えない」と言われ絶望した。
 八月頃からうつ状態になり、イライラしてじっとしていられず部屋の中をグルグルと歩き回った。
 十一月には血管が腫れ針が入らなくなり鎖骨の近くにポートというチューブを埋め込む手術。「肝臓、ほかにも影がある。白血球はかすべて血液成分が低下」と家族に告げられていた。そんなギリギリの状態での来院だった。

【二】「光の治療」と出会う
 Aさんはやせて髪は抜け、三人の子供の下はまだ小学生だという。“このお母さんを助けたい!!”という強い思いが湧いた。
 Aさんの目を見つめ「当院での癌患者さんでマーカー値が下がらなかった方はいません」と事実を言った。「だからあなたにも希望はあります。希望の光というでしょう?その光の治療ですからね」
 その日Aさんは初めての光線浴(光の全身照射治療)を受けながら、ポカポカと心地よい光のぬくもりの中で不思議な、久しぶりの汗を流し何か明るい予感を感じたという。
 それから一ヶ月間Aさんは抗癌剤を休み、週三~四回の全身治療と自宅での一日二回の光線照射に挑戦した。家族もよく協力してくれた。

 【三】心と身体の変化
 病院での、次の検査結果はマーカー値がいっきに半分以下に下がっていた。“光だ!!”夫婦で同時に顔を見合わせた。
 ご主人がもう少し抗癌剤を先延ばしにしてくれるように病院に頼み込んでくれた。それからは光線浴が楽しい、希望の時間となった。ご主人が出張の日は私が送迎もした。往復一時間の道のりをともにする日々が続くうちに、Aさんとは姉妹のように親しくなっていった。
 何故この病気になったかも勇気を出して振り返っていった。光線照射を続けるうち、Aさんの身体は痛みが減り、代謝が良くなり、ぐっすり眠れるようになった。味覚が戻り、食欲が戻り、かなりの速さで髪が戻ってかつらがいらなくなった。食事も調和を心掛け、散歩も日課に取り入れた。光線で心も明るくなったと皆に言われ、笑顔や冗談も増えた。
 
 【四】驚きの検査結果
 病院での次の検査では「肝臓にあった影がすごく小さくなっている。消えているのもある。何か他の治療をやっていますか?」と担当医に質問されたと聞く。Aさんが光線を始めてから数ヶ月でめきめきと元気になっていったのを見て、同室だった患者さん二人も当院に訪れた。
 Aさんは素敵なロングヘアで参観日に行き、家族旅行を楽しみ、習い事まで始めて人生をエンジョイしている。小学生だった末っ子は中学生になり、その子と一緒にランニングをしていると言って私を驚かせた。光線は一日も欠かさない。

 ある日Aさんはしみじみとした口調で語った。「私ね、今が一番幸せ!!。癌になる前よりもずっとずっと幸せなんだ。この病気になったから光線にも出会えたし、先生にも出会えた。家族がどんなに大切か、ずっと深いところでつながっていることもわかった。当たり前のことがどんなに素敵なことかも。すごく苦しんだけど、癌になったことに感謝しているの」Aさんの本心に感銘をうけ、光線療法の可能性を再確認した日となった。
(使用カーボン:下半身は波長四を中心。上半身は検査結果や本人の申告により全波長を使用。はじめは気持ちを持ち上げるためと髪を増やしてあげたくて顔や頭にも多く照射した)
 
 
【提供】光線浴セラピー ひまわり
    竹内 千賀子
    青森市新城山田222-487
 
 
 
 上記は、“サンフォートピアニュース第四十号”H23年1月1日掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
サンフォートピアニュースも販売しています。(年会費1,000円 4回/1年発行)
 
 
 
 
悩まず・諦めないでご相談下さい。
 
ご相談はE・メールでお願いします。

ご予約はお電話でお願いします。前日予約となっております。

2011/ 5/15
サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL
 0480-23-7595
E
・メール  info@kousenchiryouin.com
URL http://www.kousenchiryouin.com/
ブログひなたぼっこ  http://ameblo.jp/kousenchiryou/
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/
五年後の肺がんの再発を克服
 
鳥取県米子市    男性
 
 2001年3月14日、妻からの腎臓提供を受け、移植手術を行ないました。手術後はドクターから言われていた副作用が全くなく、順調に快復しましたが、退院後5月の検査で肺がんが発見されました。
 
 この時、移植手術をしなければ見つからなかった“がん”だったので、見つけて下さったドクターに二人で「ありがとうございました。」と笑顔でお礼を言える程でした。
 
 以後五年間は全然再発がなく、仕事も生活も順調にいっていました。
 
 そんな幸せもつかの間、2006年夏前に“肺がん”再発がみられ、医大で内視鏡による手術をしました。一ヶ月で退院。抗がん剤を服用しながらずっと仕事と生活をしていました。
 
 しかしその後から、急に体力が落ちて化学療法をしようということになり、点滴での治療が始まりました。点滴の副作用はすごくつらく全身の体力を奪っていきます。8月ごろには頭の毛が抜けて薄く赤茶色の毛になってしまいました。“どうも抗がん剤が効いていない”とわかり、妻と二人でドクターに相談し、抗がん剤をやめました。
 
 その直後、たまたま“がん治療”に有効な“光線療法”を紹介され、試してみることにしました。
 
 10月より先生に定休日も返上していただき、毎日治療院に通いました。11月からは二日に一回になり、体調もどんどんよくなり髪の毛も生えてきました。12月からは三日に一回、検査の結果は変化なしとのことでした。
 
 2月末の病院での検診でCTを撮りました。なんとドクターの口から「影が見えん。」と信じられない言葉が飛び出して来たのです「先生、見えないということは“がん”が壊死したということですか?」「いや、わからん。少なくとも飛んでは(転移)いない。」以前、“三個のリンパ球にがん細胞が発見され、どこに転移するか分からない”と言われていたので信じられないことでした。
 
 “がんに勝った!!”
 
 元気にしていただいた治療院の先生に感謝しています。
 
 
 
 現在も定期的に、再発予防のため全身光線に通って来られます。
 
 
【提供】
  光線治療院 サカタ  坂田 芳輝
  鳥取県米子市茶町87
 
上記は、“サンフォートピアニュース H21年1月1日掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
サンフォートピアニュースも販売しています。(年会費1,000円 4回/1年発行)
 
悩まず・諦めないでご相談下さい。
 
ご相談はE・メールでお願いします。

ご予約はお電話でお願いします。前日予約となっております。

サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL
 0480-23-7595
E
・メール  info@kousenchiryouin.com
URL http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

白血病で“光線治療”開始。半年後ご主人は病院で「この数値はありえない事です。」と言われ、嬉しくてたまらなかった!!

白血病に対する光線療法

宮城県
女性  68歳

 平成17年11月に二十年来の光線愛用者の方より電話にて相談がありました。「姉が白血病でやっと退院して来たが、光線療法は白血病にも効果があるのか?」との事でした。どの程度進んでいるのかも分からないので軽々しくは答えられないが「やってみる価値があるのでは!!」と答えました。「それでは姉に私が使っている光線治療器を一台貸してあげたいのでカーボンを持って行きながらご指導願えませんか?」との事でした。

 ご本人に会ってみました。「今、一番辛い事は何ですか?」とお尋ねしますと「寒くて、寒くて体が冷え切って。いくら体を温めても温まりません。」という事でした。「寒さのため洋服を脱ぐ事が出来ない。」とも言われます。それでは足裏にだけ一日五時間以上照射し、体が寒さを感じなくなったら、本格的にやりましょう。という事で帰ってきました。

 平成17年12月16日電話あり「体が寒さを感じなくなって来たので、このままで良いのか?」との事。まだ心配(風邪を引いたら)なので、「今まで以上に足に裏に照射して下さい。カーボンは波長4で。」と指導しました。

 平成18年1月16日「家族は寒いと言うが、私は寒くない。逆に体が温かいので本格治療に入りたいが。」とご本人からの申し出がありました。

 足裏・腹・背中の三ヶ所を二台の光線治療器で照射開始。一日三回。各一時間以上。

 平成18年2月16日「今まで発熱で何回も入院をしていたのに、光線を照射してから一度も入院が無いし、体調が良くなったとはっきり自覚が出来るようになったのでもう一台光線治療器が欲しい。」と言われ三台お治療となる。

 平成18年4月2日、ご本人が「今まで言わなかったが数値が少し上がって来た。」と始めて血液検査表を見させて頂きました。「ただ、血小板の値がだけが非常に低くこれが上がればなぁ~~」との事でした。

 平成18年6月16日頃、カーボンの使用量が増えたのでどうしてなのかな?と思ったら「実は全ての数値が上がったので、主人が照射しろ、照射しろと一日五回以上やっているんですよ。」今では月に二十箱は使用しています。ご主人は病院で「この数値はありえない事です。」と言われ、嬉しくてたまらなかったそうです。まだ、光線療法を始めてから半年しか経っておりませんので、今年の年末には数値の変化を皆様にお知らせしたいと思います。尚、使用カーボンはずっと足裏は波長4+波長4、腹は波長2+波長4、背中は波長1+波長2で変わっておりません。


【提供】
横山光線治療院 横山 弘庸
山形県山形市香澄町3丁目11-8

 
上記はサンフォートピアニュース 平成18年7月1日掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
サンフォートピアニュースも販売しています。(年会費1,000円 4回/1年発行)

悩まず・諦めないでご相談下さい。

ご相談はE・メールでお願いします。

ご予約はお電話でお願いします。前日予約となっております。


サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/
 

4.5cmの前立腺がんが確認され光線治療器使用、計五ヶ月で無くなり医師が驚く!!

前立腺がん

宮城県石巻市
男性   58歳  (高校教諭)

  長年光線治療器を使われている方の紹介でご自宅に伺いました。

 尿の出が悪くなり、残尿感・頻尿(夜は5~6回)に悩まされ泌尿器科を受診されたそうです。検査の結果、腫瘍マーカーの値も高く、エコーでも数センチの影が確認できるとの事。後日MRI検査で4.5cmの腫瘍と確認されました。手術か困難である為、投薬で治療を始めましたが、半年経っても症状は一向に改善されることなく、腫瘍の大きさにも変化がみられないとの事でした。取あえず一ヶ月間光線治療器を使用し様子をみたいとの本人の希望があり、一台お貸しし波長1・2カーボンで下腹部・肛門各一時間以上照射して頂くよう指導しました。

 一ヶ月後伺ったところ、尿の出も良くなり、トイレに行く回数も減ったとの事でとても喜んでおられました。このまま使用したいとの事で光線治療器を二台求められ、ほぼ毎日照射を続けて頂きました。

 それから四ヶ月後の検査で、腫瘍マーカーの値も正常、腫瘍もなくなり、医師がとても驚いていたとのお話を伺うことが出来ました。

 本人の努力の結果、短い期間で完治する事が出来た例ですが、その他の前立腺がん・前立腺肥大の患者さんにも早い効果が確認されています。


【提供】
横山光線治療院   横山 弘庸
 
上記はサンフォートピアニュース 平成17年4月1日掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
サンフォートピアニュースも販売しています。(年会費1,000円 4回/1年発行)

悩まず・諦めないでご相談下さい。

ご相談はE・メールでお願いします。

ご予約はお電話でお願いします。前日予約となっております。


サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: