忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

産後の後遺症が十八日で全快
 
宮城県○○郡○○○町
○谷 ○子
 
 昭和六十年六月古川市の産婦人科病院で出産しました。生まれてきた子供が四四〇〇gと余りにも子供が大きかったのと、それに切開分娩の後遺症を恐れて切開せず、普通分娩をしたのですが、分娩後は全くの寝たきりで、腰にサラシをしっかりと巻きつけたまま寝返りもできない状態になってしまいました。食事も母に食べさせてもらい、下の世話から一切をしてもらうという有様がしばらく続きました。
 一ヶ月の入院中、二回ほどレントゲンを撮ってもらいましたが“恥骨が三Cmぐらい開いたままになり、その部分が一向にねばろうとしない”とのこと。一ヶ月経ってもそんな状態でしたので、医師から「長期間かかるので一応退院して自宅で静養してはどうか」といわれ、両側から肩を支えられてやっとの思いで退院、家の寝床におさまりました。
 ちょうどそのころ、実家の父が光線治療器を購入して使っていた時だったので、私のような病気にも効くのかどうか分かりませんでしたが、仙台の治療院の中川先生の指導で治療を始めました。とにかく病気の場所が場所ですから、上座敷の一室を私の部屋にしてもらい、そこに長椅子と治療器を持ち込み照射を始めました。最初の十二日間は緑・赤カーボンで腰と局部に一日二回照射し、毎日それを繰り返しました。
 最初の一回目をかけ、その晩休む時にそれまで感じたことのないほど患部がなんとなく楽になったような感じがしました。そんなことが一つの励みになって毎日照射していましたが、十三日目からカーボンを青・黄に替えて六日後に歩けるようになり、トイレにも一人で行けるようになりました。それまでは子供を部屋まで連れてきてもらって授乳していたのですが、自分で抱いて授乳できるようにもなりました。また、足を高く上げても全く痛くなくなっていてみんなで大喜びしました。
 最初の緑・赤カーボンで良くなっていたのか、青・黄カーボンが良かったのかは分かりませんが、とにかく、光線療法を始めて十八日にして全快しました。同じ病院でお産して私と同じ症状の患者の話を聞きましたが、その方は治るまで三年もかかり、その後も農家なのに鍬を持つこともできず、歩いても数歩で腰が痛むという状態。それに比べて私は、家業の弁当屋を「今度は私の出番」とばかり、みんなと一緒に張り切って頑張っています。
 
 
 
 
上記は、全国光線普及協会編集・発行の光線療法体験集掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
 
悩んでいないでご相談下さい。
 
2007/10/02
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10037893555.html
PR
 
陰となり、日なたとなり
 
○○県○○村
清○ ○子
 
 昨年の秋、三人目を妊娠しました。しかし、予定日を決められないとのこと。その理由は子宮頸管ポリープと卵巣嚢腫による切迫流産の可能性があるということでした。私はポリープなら焼き切れば良いと思っていましたが、坪先生に「切り取ってしまえば体全体が治るというものではない」事を知らされ、光線治療を始めました。一日に五時間という照射時間。四歳と二歳の息子を抱えていてはなかなか難しい事でした。それでも子供の昼寝の時間や朝目が覚めて三時、四時から照射して、当てられる時間は殆ど光線に費やしていました。始めは半信半疑な気持ちもありました。長時間の照射でヘトヘトに疲れる時期を乗り越え、体に照射後の爽快感が感じられるようになってきました。当時は出血も多く有りましたが、一ヶ月程で出血は見られなくなりました。その後も体に特別の変化を感じないまま照射を継続しました。
 そして今年五月に無事三人目を出産する事が出来ました。私の患部も特別な異常も無い様子で、何の処置もありませんでした。病院で出された薬を飲むだけなら短時間で簡単ですが、毎日、長時間照射するという事は大変な努力が必要でした。しかしお腹の子供の為にも、お産を迎え授乳していく自分の体の為にも選択した光線療法です。そして必死に照射した結果、母子共に健康を手に入れました。
 光線は長男が五ヶ月の時に我が家にやって来ました。その後もう一台迎え、今は二台。きっとこれからも私達家族の「陰となり、日なたとなり」支えてくれると思います。
 
 
照射内容
使用治療器 二号機三台
緑カーボン・赤カーボン・黄カーボン  各二十箱
朝・・・・・・顔・後頭部(赤・黄)。肛門(赤・黄)。足裏(緑・緑)。三十分~六十分
午前・・・・足裏・甲・ふくらはぎ・膝表、裏・腹・腰(緑・緑)。六十分
    下腹部前後(赤・黄)。足裏(緑・緑)。六十分~百二十分
午後・・・・同上
 
 九十九年十一月末に異常の知らせ。十二月四日に訪問。同上の照射を指導致しました。治療当初、長時間の照射で体力の消耗が激しく、精神的にもへこたれそうな時期がありましたが、何とか乗り越える事が出来、今年五月、この様な好結果を手にすることが出来ました。(ひなたぼっこ・とわだ)
 
 
 
 
上記は、全国光線普及協会編集・発行の光線療法体験集掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
 
悩んでいないでご相談下さい。
 
2007/09/28
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10037893555.html
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: