忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

熱い油での火傷(火傷は十五日目で完治)

 

青森県
高○ 美○子さん  73歳

 

2008年11月8日の夜8時ごろ、高○さんは揚げ物をした油鍋を台所の床に降ろした後つまずいて、まだ熱い油(150~160℃か?)の中に右足を突っ込んでしまった。

 

冷静に、冷静にと自分に言い聞かせながら風呂場へ直行。湯船に水を溜めながら靴下を脱がずに30分以上流水をかけ続けた。家に光線治療器があったため、靴下をそっと脱いでカーボン赤・赤で20~30分ほど照射するとだんだん痛みが治まってきた。その後1時間ほど光線をかけてから休んだ。

 

二日目(11/9)
朝の9時ころ高○さんから火傷を知らせる電話が入った。私(竹内)は用事で他県へ向かう高速バスに乗っていた。患部の皮がめくれていないことと、光線で痛みが治まっていることから基本照射のほかに一日3回以上カーボン赤・赤で60~90分ずつかけることを指示し、翌日往診した。

 

高○さんは火傷した直後、動転していたため足先だけだと思い、先の方を中心に流水をかけたが、翌日になってみたら右足の右側部分に大きな水泡ができていた。足の裏まで厚い皮でできた水泡が張ってきて歩くのにも大変だったため、こうなったらと腹を決め居間のソファーでひたすら光線をかけ続けた。(写真①と②は四日目11/11)

 

往診してみると、かなり大きい水泡なのでなるべく破らないように気につけながら光線で治療を続け、もし破れたら感染(症)が心配なのですぐに連絡してもらうことにした。

 

六日目(11/13)高○さんから「水泡が破れて中の水がしたたり落ちてきました」との電話。感染を防ぐために市販の消毒薬で丁寧に破れたあたりを消毒してもらい、更に念のため青・青カーボンで20分を指示。その後もいつものように赤・赤で一日三回を火傷した日から十日以上続け(写真③は八日目・11/15)「焦って光線を近づけ過ぎてもダメですよ。患部の血流を良くして治す治療だから」と言っていたのに早く治りたい一心で、「つい近くであてていたから水泡が破れたのかも」(ご本人談)

 

十日目(11/17)高○さん宅を往診すると、破れた水泡の横から下にかけて白くなっていた。よく消毒をして青・青カーボンをかけるように指示し、何かあったら電話を頂く事にした。

 

十一日目(11/18)高○さんから「外出先で車から降りるときに包帯の足のサンダルが脱げて、誤って右足を外の水溜りに入れてしまい、夜に痛み出しました。患部の皮の下に白いものがたまっています。」と電話があった。「それはきっとウミだから病院に行って下さい。」と指示した。

 

十二日目(11/19)高○さんは総合病院皮膚科へ。医師はピンセットで破れた水泡の皮をつまみ、はさみでちょきちょき切り取って数分で処置を終えた。そして、「もうほとんど治っていますね。雑菌が入って少しウミがありましたが消毒をして化膿止めをつけておきました。抗生物質の内服も要りません。」それからガーゼ交換に三日通い、もう大丈夫。」と医師から言われた。(傷の完治)火傷から十五日目。

 

その後も家で一日二回の治療を続ける。十九日目からお風呂にも入った。傷の治り跡の赤みを早く取りたくて赤や緑のカーボンで毎日根気良く照射を続けた。(写真④は三十二日目の12/10)まだ少し赤みが残り境界がはっきりわかる。(写真⑤は三十七日目の12/15)赤みがほとんど元通りに治り、見た目がきれいになった。外見も含めて完治。

 

 

(治療者から)
高○さんは6~7年の家族ぐるみの(光線)愛好者で70代には見えない若々しいエネルギーに溢れた女性です。
 掲載の写真もご自身のパソコンから送ってくださいました。数年前に息子さんの火傷が“光線治療”でみるみる治っていくのを見ていたので、油の火傷にも“光線”を選んだのでしょう。
それにしても、見たこともない巨大な水泡の火傷がたった二週間で医師のお墨付きで完治したのはすごいですよね。高橋さんも早く治そうと良くかけ続けられました。やっぱり火傷や怪我の治療に“光線”の右に出るものはないと思います。

 

光線浴セラピーひまわり
竹内千賀子
青森市新城山田222-487

 

これは全国光線普及協会 竹内副会長(H21年4月就任) のお客様の体験で、“サンフォートピアニュース H21年1月1日掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
サンフォートピアニュースも販売しています。(年会費1,000円 4回/1年発行)

 

 





ひなたぼっこ-写真② 4日め (11月11日)   写真① 火傷をし光線治療開始四日目

ひなたぼっこ-写真① 4日め (11月11日) 写真② 火傷をし光線治療開始四日目
 


ひなたぼっこ-写真③ 8日め(11月15日) 写真③  火傷をし光線治療開始八日目
 



ひなたぼっこ-写真④ 32日め (12月10日) 写真④ 火傷をし光線治療開始三十二日目
 

ひなたぼっこ-写真⑤ 37日め (12月15日) 写真⑤ 火傷をし光線治療開始三十七日目


突然に起こった火傷。皆さんだったらどうします?


 
悩まず・諦めないでご相談下さい。

 
ご相談はE・メールでお願いします。

ご予約はお電話でお願いします。前日予約となっております。

サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/
PR

自宅の登り窯の燃料(赤松)に火がついて!!



火傷のため光線照射治療中




光線照射で火傷完治後


T県M町
○沢 ○
 
 みなさんこんにちは、私はT県のM焼でご存知かと思いますが、M町の○沢と申します。

 私の家と太陽光線の付き合いは、医者では治らないと言われた子供の火傷の体験に始まります。
 今から十六年位前、当時小学校の娘が、炭で温める堀コタツの中で眠ってしまい、足のスネを火傷した時に病院が妻に「ここまでやいてしまったのでは治りません」と言われた様でした。
 妻は子供を火傷させてしまった責任を感じていた時、妻が勤めていた会社の社長さんが勧めてくれました太陽光線療法の話に、どんな事をしてでも治してあげたい気持ちから購入したものです。

 今回ここで、皆様にお話しする私の体験発表は、今度は私が火災の時に、額に火傷をして太陽光線治療によって、治ったことについてお話させて頂きます。

 平成15年3月15日の午後12時40分過ぎごろ、実家の薪小屋が火災になりまして、消火作業中に額に火傷をしてしまいました。私の実家はM焼を製造しています。
 登り窯を焼く時は赤松を燃料としますから、薪を乾燥させるために薪小屋に積んで置く訳です。その薪小屋ですから一度火がついたら炎の勢いは想像も付かないほどすごいものでした。
 一時間半か二時間ぐらいかかって鎮火したと思います。鎮火したので周りにいた人達にお礼の挨拶をしていたら、私の顔を見て、額に火傷をしていると言いだしました。私は額に手を当ててみたら、水ぶくれが出来ているのが分かりました。周りにいた人は直ぐに医者へ医者へと私を捕まえてさわいでいるんです。私は家に行けば太陽光線治療があるので、始めっから医者には行くつもりはありませんでしたから、その場を逃げる様に家に帰りました。火傷の状態を鏡で見たら、親指ぐらいの大きさの水ぶくれが額全体にいくつも出来ていました。
私はさっそく火傷部に赤カーボンを照射いたしました。なぜ赤カーボンかと言うと講習会の時に先生からお話を聞いたり、太陽光線治療院から頂いているカレンダーにも、いろいろな症状によってカーボンによる治療法が出ていますので、それを見ていたので分かっていました。
 ですから直ぐに横になって赤カーボンを額に照射していたら、妻が外出から戻ってきまして、火傷の状態を早速、先生に電話で説明して相談を受けてくれました。
 先生から治療法を聞きましたら、「赤カーボンを一時間以上あててから、水ぶくれになっている所を針で穴を開け水を出して下さい。水を抜いたら引き続き、赤カーボンをあて続けて下さい。そのうち額にカサブタが出来ても絶対むかない事。自然に取れるまでは剥がさないで下さい」と言われましたので光線治療を続けました。
二時間ぐらいたったので私はさっそく、洗面台で鏡を見ながら、額にできた数ヶ所の水ぶくれを針で突いて水を抜きました。その日は徹夜で光線あて続けました。その間、額からは針であけた所から黄色い油の様なものが流れ出てきまして、バスタオルも黄色になり、髪の毛から眉毛やまつ毛、更に耳の穴まで流れて入ってきて、それが光線の熱で乾燥して、固まってしまいました。困ってしまったので二日目には先生に、「お風呂に入ってもよろしいですか」と尋ねました。
 先生からは簡単な返事で「お風呂に入ってもいいですよ、その代わりシャワーで額に当てても絶対にこすらないで流す程度にして下さい」と言われましたので、さっそくお風呂に入りました。額を除いて身体全体を流し終わってから、少し怖かったのですが、額にシャワーをやさしく当てて、先生に言われた様に、こすらないで洗い流しました。さっぱりいたしましたので、お風呂の湯船で太陽光線治療の素晴しさに益々感激しました。
 お風呂から出てからも、光線を照射し続けていたら、今まで気が付かなかった、あごのあたりと頬にも水ぶくれが出てきまして、更に光線を照射し続けていたら、今度はまぶたのあたりが腫れてきたので、先生に尋ねたら「火事の時の炎が相当高い温度になっていて、その時の炎熱が後になって出てきたんだよ」と言われました。私は額だけと思っていましたから自分の目ではわからない所まで、光線の力によって出して頂くことが分かりました。
 水ぶくれになっていた所は、だんだんとカサブタになってきまして黒くガサガサになってきまして、人前には出られ格好になりましたので、仕事を休んで光線を続けましたから、カーボンがなくなってしまいました。カーボンを送ってほしいと先生に電話を入れたら「今日は息子がいるので、カーボンをもって行かせますから、その時にヤケドの状況を見せて下さい」と言われまして息子さんに見て頂きましたら、息子さんも「大丈夫です。ケロイド状にならずに治ります。とにかく時間のある限り光線をあて続けて下さい。カサブタが自然に取れるので、絶対に手では剥がさないで下さい」と言われましたから、言われた通りに自然に取れるまで待ちました。
 二週間後にはだんだんとカサブタが取れてきて、ケロイド状になることもなく、日焼けした様な程度できれいになりました。二、三ヶ月後にはすっかりもとどおりの額に戻りました。
 お蔭様で、太陽光線治療は我が家に取って、無くてはならない大切な物です。家族全員で利用しております。
 
有難うございました。以上で私の体験発表を終わります。

 
これは全国光線普及協会 二谷副会長 のお客様の体験で、“サンフォートピアニュース H18年5月1日掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。町及びご本人名と照射前後の写真も掲載されています。
サンフォートピアニュースも販売しています。(年会費1,000円 4回/1年発行)

悩まないで・諦めないで ご相談下さい。

2008/3/27
サンフォートピア
光 線 治 療 院
松本 忠
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/archive1-200803.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/


光線治療による火傷治療   38歳男性

1991年8月19日:熱湯を左足に!!



火傷をした当日。
医療用カーボン 波長1+波長1





’91.9.6撮影
医療用カーボン 波長3+波長4






’92.8.14撮影


光線が持つ強い殺菌作用でバイ菌がつかず、一度も皮膚がケロイドを起こさず治っています。

治療には”光線治療”オンリーで薬は一切使用していません。




サンフォートピア
光 線 治 療 院
松本 忠
E・メール  
info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/archive1-200803.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: