忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

光線療法で体質改善・薬害が招いた病気から解放
 
宮城県仙台市
男性  63歳
 
 光線療法を始めてから十年の間に体験した事を報告します。
 
 私の身体は、二十代の半ばに突然皮膚の柔らかい部分に急激な痒みが起こり、無我夢中で掻いている内に皮膚は水ぶくれ状に腫れ上がる症状が度々起こる様になりました。
 
 皮膚科、耳鼻咽喉科と通い検査を受けましたが、菌も発見されず何れも原因は不明で先生も首を傾げるばかりでした。
 
 その後、仕事の出張先で同じ症状で悩まされた時、評判の皮膚科があることを聞かされ診察と検査を受けました。結果は以前と同様に原因不明との話の中で先生は、「以前にピリン系の風邪薬を飲んだり、他の薬物投与は無かったか?」と聞かれました。自営業を営む自分にとって、例え風邪を引いたとしても一日も休んでいる暇は無く、風邪を引く度に、知り合いの看護婦にお願いして、ブドウ糖液にピリンを混ぜ、血管注射していた事が、アレルギーの原因である事に始めて気付いたのです。
 
 二十代後半になって、口には口内炎が頻繁に出来、歯茎が弱くなったせいか、歯を磨くと傷が付きやすく、そこに口内炎が発症するために、歯を磨く事もままならず、ついには舌にまで口内炎が発症する様になりました。痛くて食事も出来ない程の状態に悩まされて、耳鼻咽喉科で焼いて頂く事もしばしばでした。
 
 三十代半ばには夜布団に入って身体が温まると、何処となく身体が痒くなり、ぼりぼりと全身を爪でかきむしる様になり、朝にはシーツに血が点々と付き毎日洗濯は欠かせません。何はともあれ、夜になって寝ることが恐怖の毎日でした。
 
 三十八歳の時にベルトの痕が痒くなり掻くと指の太さまで腫れ上がるようになり、皮膚全体が魚のウロコが膨らんだ様にぼこぼこ状になり、他人から気持ち悪るがれたものです。また、体力の減退か、切れ痔・いぼ痔・痔ろう等、痔の病気でも散々苦しみました。同じ頃左頬にシミも現れていました。
 
 そんな時にお得意先から“光線治療”を紹介され、自らの身体で実験を試みました。例によってミミズバレに腫れ上がった皮膚に強赤外線を照射して三十分も過ぎた頃から、見る見る内に腫れが引いて行く光景を目の当たりにして、自分にとっては、何にも代えがたい体験でした。痔の痛みも一時間程の長時間照射で消える事も体験しました。
 
 その年の暮れ、全ての病院が年末年始の休みになってから、また口内炎に悩まされ、知人の紹介で特別治療をして頂いた時に、ついでに肝機能の検査もお願いしました。
 
 病院での口内炎の治療効果は見られないため、光線の強紫外線照射で試し、翌日にはすでに白い菌がなくなっていました。
 
 年が明けて告げられた肝機能検査は危険な状態で、病院を紹介するとの話でしたが、病院での口内炎の治療結果の無さに比べ、光線(治療で)の腫れや痒み、口内炎の痛み、そして殺菌の効果から見て私がこれまでに得た医学知識は根本から変えられるものでした。
 
 そのため紹介された病院へは行かず、自分の身体のことを考え、年が明けた三十九歳の時から本格的に光線療法を真剣に考え、勉強と光線治療に専念する事にしたのです。
 
 この年の七月になって、肝機能の衰えが原因で身体に出来た湿疹に対し、カーボンの光線治療効果と、太陽光線の治療効果の類似性を実験すべく四十℃の炎天下の日本海海岸に出向き、右半身のみを太陽光線にさらす試みをしました。
 
 結果は見事、カーボン照射で照射部分の腫れだけが引くのと同様、炎天下にさらした右半身の湿疹だけがきれいに消える体験をする事が出来ました。
 
 まさしくカーボン照射と太陽光線の効果が同一に近いものと確信できたのもこの時で、光の力を信じて、自分の身体を元の状態に戻すべく光線療法をひたすら続けるきっかけを作ったのもこの時でした。
 
 まじめに照射を続ける中で、昭和六十二年の四十三歳の頃には、これまで悩み続けた口内炎も完全になくなり、血圧が原因で入れなかった生命保険の加入も可能なると同時に目の充血がなくなったのもこの時期です。平成二年の四十五歳の頃から皮膚の凹凸も消え、艶と張りが感じられる様になりましたが、暑い日などはパンツやバンド等の締め付けられた痕に幾分の痒みと腫れが出ることもありましたが以前とは比較にならない程度でした。それも平成四年には完全になくなっていました。
 
 平成八年の五十三歳の頃これまで克服して来た痔の病気に対する光線治療にも効果が見えなく、止むを得ず病院での手術を覚悟し、診察を受けたがあまりにも奥深く出来た痔ろうのために手術は不可能と診断され再び光線療法に懸ける事にしました。
 
 これまで、痔ろうの治療体験から強可視線と強赤外線の組み合わせで肛門への直接照射することで、膿の排泄を試みて来ましたが、効果が得られなかったため、奥深くに出来た痔ろうの性質を考え、体内への吸収を考えて以前の肛門への直接照射方法を止め、緑のカーボンと青のカーボンを主体とした、紫外線による免疫効果を考え全身照射に切り替えました。これが見事的中、一週間程で完治したのです。そればかりか左頬にあったシミまでもあれよあれよと言う間に消えて行ったのです。
 
 以来、これまでの体験をした病気の傾向は、間もなく六十三歳を迎えた現在もまったく、その兆候さえ感じることは有りません。
 
 この十余年に亙る光線療法で得たものは、何かのきっかけで現代医学の欠点を知り、何かのきっかけで光線療法と出会い、何かのきっかけで得た光線体験を信じ、ひたすら光線治療の継続を試み、長年かかって身体を侵した病気を根絶に導いたのは、まさに光の持つ力である事に他なりません。
 
【提供】
仙台サンフォートピア
佐藤 良勝
 
上記はサンフォートピアニュース 平成18年7月1日掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
サンフォートピアニュースも販売しています。(年会費1,000円 4回/1年発行)
 
悩まず・諦めないでご相談下さい。
 
ご相談はE・メールでお願いします。
 
ご予約はお電話でお願いします。前日予約となっております。
 
 
サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/
PR
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: