忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。

髄膜炎からの復帰!!安易な下痢止めは要注意!!

青森県南郷村
男性  55歳


 平成13年1月6日頃下痢をしているので何を照射すればよいかと光線愛好者より電話があったので、その旨の指示を出しました。

その後ご本人は開業医を訪ね診察を受け、風邪から下痢との診断で下痢止めの処置をしたようです。

 ところが実際は感染型の細菌性食中毒、カンピロバクター菌が体内で猛威をふるっており、下痢止めの薬効期限の中でカンピロバクター菌は勢力を拡大して脊髄まで達し髄膜炎を引き起こしたのです。髄膜炎は両手両足と首から下は全く力が入らない状態となり正に医師の誤診が招いたアクシデントが発生したのです。

 病院のベッドの上で不自由な生活を強いられ、緊急に透析を施すなどをするのですが一向に運動神経や力は回復しません。当時の握力は五kg程度で無いに等しく寝たきり状態でした。三度の食事、後は寝るだけの繰り返しで同病院に二ヶ月入院するも依然動けず、日赤病院での処置は打ち切りとなり、岩手県のリハビリセンターへ移る事となったのです。

 三月から八月迄のリハビリセンターでのリハビリの結果はいくら頑張ろうとしても回復に至る様子はなく、八月四日に出所したのです。

 八月八日、光線治療院“ひなたぼっこ”にて光線照射を開始しました。五台の光線治療器で下半身を波長3で一時間照射。続いて腹・腰に波長1と波長2で。膝の前後を波長1と波長3で。足裏には波長4で二時間照射の合わせて三時間照射しました。光線治療開始前の歩幅は十cmしかなかったものが治療終了後は三十cmになりました。これにはご本人も驚きを隠せない様子で、直に光線治療器三台を購入し自宅で治療を開始しました。

 一ヵ月後の検診では回復の早さに医者も驚いていました。

 照射二ヶ月で握力も三十五Kgにまで戻り、今では早朝の市場へ仕入れに行ける様になりましたが、まだ足首、膝、腰が完全な状態とはいえませんが、その経過を後日報告したいと思います。

 ただ、あの八ヶ月間は何だったのだろう???と思い、光線療法を信じ、光線療法だけを続けていたら・・・と悔やまれるのです。

提供
ひなたぼっこ  坪  正弘

上記は平成15年1月に発行されたサンフォートピアニュース第八号記載分です。
サンフォートピアニュースは年四回発行です。購読料1,000円で販売も致します。

悩まず・諦めないでご相談下さい。

ご相談はEメールにてお願いします。

ご予約はお電話でお願いします。前日予約です。

サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/archive1-200803.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: