忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。

通風の激痛!!連続三十六時間照射で革靴を履いて出勤が出来た!!

通風の治療体験

宮城県仙台市   男性  60歳


 私は元々痛風もちで一年に数回は発作を起こします。光線治療器は購入して持っており、発作の度に一~二時間の照射をするのですが一向に良くなる気配は感じられず、結局は“病院に行って治療を受ける”の繰り返しでした。

 そしてこの度の発作はいつもの通り前兆が二・三日前の夕方より痛みが左足親指の付け根から始まって左足裏全体が腫れ上がり痛くて夜も眠れず動かす事すら出来ない為、病院へ行くにも行けない状態で、光線に頼るより方法がないと覚悟しました。

 この様な八方ふさがり状態の中で以前に痛み対する光線療法は痛みが止まるまで照射をし続けると言う話を聞いた事を思い出したからです。結局その夜は痛みが治まらず朝まで波長1カーボンで照射し続けましたが痛みは変わらず、その後もタイマーを押し続けました。いつのまにか午後三時、気付いた時には眠っていたのです。

 この間十六時間休まず照射し、やっと照射中は痛みが治まり気持ち良く感じるようにましたが、照射を止めると再び痛み出すのです。

 その日の夕方頃にはイザリの様な格好で何とかトイレに行くことが出来ましたが力が入るため、痛みは半端ではありません。照射中は痛みが無いため、照射しては寝、照射しては寝る、の繰り返しで、また、一夜が過ぎ、翌朝になってベッドから恐る恐る床に足を付けてみたところ、痛みを感じなくなっていたのです。今度は立って少しずつ歩いて見た所、痛みはありますが何とか歩くことが可能になったのです。この時に初めて「痛みが止まるまで照射し続ける。」の意味を実感する事が出来ました。

 念のためその日も外へ出ず、休み休み照射を続け、その晩から翌朝にかけタイマーが切れれば寒さで目が覚め繰り返しの照射(この間二十六時間)全部で三十六時間の照射でやっと革靴を履き出勤することが出来ました。光線治療で速く効果を得るためには続ける事と治療院で聞きました。

 光線治療の継続が効果を得るための絶対条件の意味を始めて知りました。参考になればと思い文章にしました。

【提供】
仙台サンフォートピア
院長  佐藤 良勝

上記は平成17年4月に発行されたサンフォートピアニュース第17号記載分です。
サンフォートピアニュースは年四回発行です。購読料1,000円で販売も致します。

悩まず・諦めないでご相談下さい。

ご相談はEメールにてお願いします。

ご予約はお電話でお願いします。前日予約です。

サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/archive1-200803.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/
 

PR
通風の恐ろしさを身をもって実感!!
 
仙台市   男性  60歳
 
 
 今から十年程前、朝に目を覚まし、起きようとした時、足のかかと部分が痛く、歩くどころか立つことさえままならないことに、どうしてこうなったのか見当が付きません。結局、寝ぼけて壁かどこかに、かかとをぶつけたのだろう・・・と思っていました。
 
 それから半年も過ぎた頃でしょうか?友人と牛タンを食べながらビールや日本酒を浴びるほど飲んだ翌朝、以前にぶつけた(?)左足かかとに痛みが出て、びっこを引きながら会社に出勤したのですが、二日程で痛みはなくなり“酒の飲みすぎで前にぶつけた後遺症だ”と思っていました。同じ事が年に二~三回程繰り返しながら六年も過ぎた頃からその痛みが左足底へと移ったのです。それでも二時間位光線照射をすると治ってしまうため、あまり気に止めることはなかったのです。
 
 そして平成12年6月その痛みは左足親指の付け根が赤く腫れるようになったとき、始めて“もしかしたらこれが痛風というものではないか?”と思うようになりました。
 
 平成13年7月、縁あって近所の内科医師と知り合うことができ、事情を説明し、尿酸値が八で立派な痛風だとバカにされました。それでも“光線療法”をすれば二日程で痛みがとれると思っていたので、特に食べ物は好きなものを中心に、アルコールは種類に関係なく毎晩飲み続けていました。
 
 平成14年4月、風邪ぎみの中で焼肉を食べ、ビールを飲んだ翌朝から左足のかかとと足の裏、親指の付け根が赤くなって腫れ上がり、起きるどころか動かすことも出来なくなりました。
 
 トイレに行くことすら出来ず、オマルで用をすませる始末で二日が過ぎました。寝たきりの状態で医者に連絡し痛み止めの薬を家内に受取に行ってもらい、飲んでもその時だけ少し楽になる程度でした。それどころかその痛みはかかとからアキレス腱にまで達し、腫れ上がりダルマ同然です。
 
 一ヶ月近くたってもその繰り返しに(これでは治らないと思い)再度“光線治療”をしてみようと思い、痛み止めを飲んで仙台サンフォートピアに行き、足の裏に一台、足の甲に一台、かかとに一台、膝に一台、腹に一台、腰に一台と計六台で波長4カーボンで一時間の治療を一日三回(計三時間)行いました。治療が終わり帰宅、変化を感じないまま就寝。翌朝恐る恐る立ち上がったところ全く痛みがないのです。多少足の一番ひどかったところに違和感はあるにしても、たった一日三時間の治療でこれほどの効果があるとは思っていない結果だったのです。
 
 長年“光線療法”の良さを知っている者でありながら、また、ここで一つ大発見をすることが出来ました。そのコツはカーボンの選定と照射箇所、台数。特に時間にあったのです。
 
 
上記は平成14年7月に発行されたサンフォートピアニュース第六号記載分です。
サンフォートピアニュースは年四回発行です。購読料1,000円で販売も致します。
 
悩まず・諦めないでご相談下さい。
 
ご相談はEメールにてお願いします。
 
ご予約はお電話でお願いします。前日予約です。
 
サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/archive1-200803.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: