忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

糖尿病性壊疽を光線療法で改善させる!!

仙台市

○  ○  63歳


朝起き上がり足を床につけたら、足が痛くて床面に足をつけることが出来ない。

 前日から足が重く、冷たくて気分が悪かったのだ。足は黒紫色になり、指のつけ根に斑点ができ、多分“糖尿病による壊疽”と素人ながら思った。“足を切断する様になるのでは?”と思うと背筋が冷たくなる気がした。

 家内には「いつも言っているでしょ!!気をつけないと!!」と言われながら透析のため病院へ。病院に行く前に一時間程光線治療器三台で足に照射をしてから病院に行き先生に診てもらう。先生いわく「いやいや気をつけないと手術する様になると大変だよ。」と言いながら点滴の中に血流を良くする薬を入れて治療をするということだが、透析中に気分が悪くなり止めてもらう。そしたら看護婦さんが「お湯と水の交互に足を入れて刺激を与えて血液の流れを良くしましょう」と言われ家に帰って、家内にその事を言うと「そんな事で病気が改善できるならお医者さんは必要ないでしょ?!光線療法という良い光線治療器があるのに何を考えているのか?」と、カンカンに怒られてしまった。

 それから一日三時間足裏に波長4カーボン、足の甲には波長1カーボンで照射、膝の裏には波長4カーボンで照射を続けた。

 二日目にはだいぶ良くなり、三日目には黒紫が赤くなり、四、五日目では足をついても痛みを感じることなく、一週間ほどで散歩が出来るようになった。

 病院の看護婦さんには「○さん気をつけてね!!この病院にも足を切断してダルマの様になっている人がいるのよ!!」と言われ心が凍る思いをした。

 私は糖尿病性網膜症で目が不自由になり歩く事も新聞を読む事も出来なくなったときも光線療法で助けてもらった事をつい忘れていたのだ。

 私の生命がいつも光線に助けてもらっていることを肝に銘じ、元気になる様、光線療法を続けたいと思います。


上記は平成14年5月に発行されたサンフォートピアニュース第五号記載分です。
サンフォートピアニュースは年四回発行で購読料1,000円で販売も致します。

悩まず・諦めないでご相談下さい。

ご相談はEメールにて

ご予約はお電話でお願いします。前日予約です。

サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/archive1-200803.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

PR
糖尿病壊疽の治療例

 
① 平成19年10月18日  撮影

写真①
 この写真以前は水泡が出来た状態で中が化膿していて、光線照射を始めると非常に臭い膿と黄色いリンパ液の排出が繰り返された後に傷口が乾燥し写真の様になる。


② 平成19年11月27日  撮影

写真②
 ①の写真から②に至るまで、かさぶたが剥れ落ちるたびに臭いにおいと黄色いドロドロしたリンパ液が出ては乾燥の繰り返しだった。


③  平成19年12月26日  撮影

写真③
 ②の一番大きなかさぶたが落ちてからは、においもなく、リンパ液もあまり出なくなって患部もだいぶスッキリしてきたが、まだ完全に足を地面に付けることは出来ない。


④ 平成20年1月5日  撮影
写真④
 平成20年1月5日、写真の通りほぼ完治、今後は壊疽防止と糖尿病の治療を兼ね、自宅での光線治療に切り替える。
 
尚、現在に於いてもインスリンの投与は一切していない。



宮城県東松島市
女性 60歳
 
 今から15年程度前に風邪を引き病院へ行った時、血液検査で糖尿病と診断された。
 当時の血糖値は250で一日一回のインスリン注射を続けてからは140~150程度で落ち着いていた。その5年後、光線療法を知り光線器械を購入して治療を続けた結果、全ての面に於いて体調が良く、光線照射開始後、一年程度で5年も続けていたインスリンを切ることが出来た。
 その後も約3年、真剣に光線照射に取り組んだお陰で体は健康そのものだった。何の不自由も感じることの無い状況の中で次第に光線照射も遠のいていった。
 その後、ご長男が東京に就職、慣れない東京生活の手伝いが出来ればと思い、炊事洗濯する傍らスーパーのアルバイトをしていた。
 平成19年6月頃より疲れを感じる様になり、栄養ドリンクを一日二本ずつ一週間飲み続けた。そのうちに目がかすむようになり、足全体が約一ヶ月間痛みから激痛へと変わって行き、次に股関節から足首まで象の足の様に腫れ上がった。
 自分で皮を破って水を出したことで傷口から菌が入り壊疽が始まった様だ。ご主人に光線器を東京まで一台送らせて照射を続けながら約一ヶ月でアルバイトを辞め、急遽仙台に戻った。
 ご本人は家政婦の経験があり、糖尿病壊疽で足を切断するのを見ており、病院に行く気は無く、ご主人と相談の上、当、光線治療院“サン・ピア”を訪れたのだ。平成19年10月2日のことである。
 一日一回、サン・ピアでの治療に加え、当院が休みの日曜祭日と夜寝る前の毎日は自宅の光線器での治療を約束し治療を開始した。
 
治療期間
 平成19年10月2日~平成20年1月5日
治療院での治療内容
 光線器五台を使用。一回40分
 膝・ふくらはぎ・腹・腰の四台は波長四(緑)カーボン。 
 足裏(壊疽の患部)の一台は波長一(赤)カーボン。
 
 
提供
光線治療院 サン・ピア
院長 佐藤 良勝
上記は、全国光線普及協会編集・発行のサンフォートピアニュース第28号掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
 
諦めないでご相談下さい。
2008/02/13
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com

糖尿病に勝ったぞ!!
秋田県○○市八橋
沢○ ○夫

 私は、大相撲の世界に身を投じ、ガムシャラにけいこに明け暮れていました。昭和50年、血糖値250、糖尿病と診断されましたが食生活をなかなか改善することが難しく、昭和52年、膝のじん帯を痛め廃業致しました。最高位が幕下九枚目で、もうひとふんばりと思いましたが、血糖値400の糖尿病と膝の故障で、夢をかなえることができませんでした。その後、食生活の変化等もあり胃潰瘍で入院。ところが糖尿病のため手術はできず、長期入院となり、改めて糖尿病の恐ろしさを知りました。

 平成6年1月、知人(現在の妻)の紹介により光線治療を知り、本格的に治療を開始し、仕事の関係で週三日よりできませんので、その三日は一日二時間の照射をしたところ、平成6年12月には血糖値が126まで下げることができました。長距離運転をしているので足の疲れがひどかったのですが、殆どなくなり、ペットボトルで飲んでいた水も五分の一ぐらいに減りました。

 今では糖尿病の合併症の恐怖からも開放され、精神的にも大変楽になりました。「大相撲時代に光線療法にめぐり会っていたら、横綱は無理にしても三役ぐらいまでは昇進できたのでは」と思うこのごろです。

 光線療法にめぐり会ったことに感謝し、第二の人生で横綱を目指し、今後精一杯の努力をする覚悟でおります。


上記は、全国光線普及協会編集・発行の光線療法体験集掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。


2007/07/16
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com

糖尿病を四ヶ月で克服
秋田県秋田市
三○ ○良

 平成6年12月、私は脳梗塞で倒れ、脳研病院へ救急車で運ばれ、運良く殆ど後遺症もなく退院することができました。原因は、糖尿病性細小血管症からのものと説明を受け、退院後は血糖値を下げるための食事療法が始まりました。妻は医師の指示通りのカロリー計算による食事をけん命に作ってくれました。もちろん私の身体を心配してのことではありますが、私はいつも腹ペコ、妻の目を盗んでは間食をするありさまでした。
 平成7年1月29日、妻の友人からの紹介により光線治療を開始しました。当初は半信半疑ではありましたが、二田先生の糖尿病に対する詳しい説明を聞き、また、「カロリー制限は不必要」との頼もしい一言が気に入りました。十日前後には必ず二田先生が寄ってくれて「どうですか」と聞いてくれるのでますます信頼し、一日も欠かさず毎日一時間以上照射しました。
 二ヶ月を過ぎ、三ヶ月目に入った頃より血糖値が下がりだし、満四ヶ月で血糖値が100となり、医師より大変なおほめの言葉をいただきました。私は医師に対し「カロリー制限を守った結果です」とうそぶいていましたが、二田先生からは「六ヶ月頑張ってみて下さい。保証します」と言われましたが、まさか四ヶ月で完治するとは予想できませんでした。
 光線療法を紹介してくれた石○幸子さんには感謝の言葉もありません。そして親身に相談にのってくれた二田先生、ありがとうございました。今後も合併症の予防のため、毎日光線照射は続けます。
 また、糖尿病は不治の病とあきらめている人々に私の体験談を是非お知らせして、皆様のお役に立ちたいと思っております。


上記は、全国光線普及協会編集・発行の光線療法体験集掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。


2007/07/15
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: