忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [16]  [15]  [14]  [13

糖尿病を四ヶ月で克服
秋田県秋田市
三○ ○良

 平成6年12月、私は脳梗塞で倒れ、脳研病院へ救急車で運ばれ、運良く殆ど後遺症もなく退院することができました。原因は、糖尿病性細小血管症からのものと説明を受け、退院後は血糖値を下げるための食事療法が始まりました。妻は医師の指示通りのカロリー計算による食事をけん命に作ってくれました。もちろん私の身体を心配してのことではありますが、私はいつも腹ペコ、妻の目を盗んでは間食をするありさまでした。
 平成7年1月29日、妻の友人からの紹介により光線治療を開始しました。当初は半信半疑ではありましたが、二田先生の糖尿病に対する詳しい説明を聞き、また、「カロリー制限は不必要」との頼もしい一言が気に入りました。十日前後には必ず二田先生が寄ってくれて「どうですか」と聞いてくれるのでますます信頼し、一日も欠かさず毎日一時間以上照射しました。
 二ヶ月を過ぎ、三ヶ月目に入った頃より血糖値が下がりだし、満四ヶ月で血糖値が100となり、医師より大変なおほめの言葉をいただきました。私は医師に対し「カロリー制限を守った結果です」とうそぶいていましたが、二田先生からは「六ヶ月頑張ってみて下さい。保証します」と言われましたが、まさか四ヶ月で完治するとは予想できませんでした。
 光線療法を紹介してくれた石○幸子さんには感謝の言葉もありません。そして親身に相談にのってくれた二田先生、ありがとうございました。今後も合併症の予防のため、毎日光線照射は続けます。
 また、糖尿病は不治の病とあきらめている人々に私の体験談を是非お知らせして、皆様のお役に立ちたいと思っております。


上記は、全国光線普及協会編集・発行の光線療法体験集掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。


2007/07/15
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: