忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

五年後の肺がんの再発を克服
 
鳥取県米子市    男性
 
 2001年3月14日、妻からの腎臓提供を受け、移植手術を行ないました。手術後はドクターから言われていた副作用が全くなく、順調に快復しましたが、退院後5月の検査で肺がんが発見されました。
 
 この時、移植手術をしなければ見つからなかった“がん”だったので、見つけて下さったドクターに二人で「ありがとうございました。」と笑顔でお礼を言える程でした。
 
 以後五年間は全然再発がなく、仕事も生活も順調にいっていました。
 
 そんな幸せもつかの間、2006年夏前に“肺がん”再発がみられ、医大で内視鏡による手術をしました。一ヶ月で退院。抗がん剤を服用しながらずっと仕事と生活をしていました。
 
 しかしその後から、急に体力が落ちて化学療法をしようということになり、点滴での治療が始まりました。点滴の副作用はすごくつらく全身の体力を奪っていきます。8月ごろには頭の毛が抜けて薄く赤茶色の毛になってしまいました。“どうも抗がん剤が効いていない”とわかり、妻と二人でドクターに相談し、抗がん剤をやめました。
 
 その直後、たまたま“がん治療”に有効な“光線療法”を紹介され、試してみることにしました。
 
 10月より先生に定休日も返上していただき、毎日治療院に通いました。11月からは二日に一回になり、体調もどんどんよくなり髪の毛も生えてきました。12月からは三日に一回、検査の結果は変化なしとのことでした。
 
 2月末の病院での検診でCTを撮りました。なんとドクターの口から「影が見えん。」と信じられない言葉が飛び出して来たのです「先生、見えないということは“がん”が壊死したということですか?」「いや、わからん。少なくとも飛んでは(転移)いない。」以前、“三個のリンパ球にがん細胞が発見され、どこに転移するか分からない”と言われていたので信じられないことでした。
 
 “がんに勝った!!”
 
 元気にしていただいた治療院の先生に感謝しています。
 
 
 
 現在も定期的に、再発予防のため全身光線に通って来られます。
 
 
【提供】
  光線治療院 サカタ  坂田 芳輝
  鳥取県米子市茶町87
 
上記は、“サンフォートピアニュース H21年1月1日掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
サンフォートピアニュースも販売しています。(年会費1,000円 4回/1年発行)
 
悩まず・諦めないでご相談下さい。
 
ご相談はE・メールでお願いします。

ご予約はお電話でお願いします。前日予約となっております。

サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL
 0480-23-7595
E
・メール  info@kousenchiryouin.com
URL http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: