忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[132]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120

C型肝炎と診断されて現在生きているのは私一人!!

C型肝炎


 1999年6月30日吉羽(当時)の治療院にご婦人が飛び込んでくる。話の内容はご主人がC型肝炎を患っていて、インターフェロンの治療を既に5ヶ月しているが体調が良くならないがこの”光線治療”で如何なものか?との問い合わせである。

 私は即座に「C型肝炎ウイルスは熱に弱いので効果はあります。でも続けなければ効果はありません。一日二回毎日続けていただければ一ヶ月か二ヶ月先には良い結果がでると確信しますが。」と答えた。

 「では、明日から主人を連れてきます。」とご婦人。
 
 翌日約束の時間にご夫婦で来られ、ご夫婦に”光線治療”のご説明をし、午前中に一回目の治療終了後のご主人の様子。まったく表情がなく、帰られる。
 午後の二回目の治療後の出来事である。大量の汗が出て、臭いがきつい。インターフェロンの成分なのだろう。異様な臭いだ。

 着替えて待合室に戻ってきたご主人「肩のコリが無くなった。あれだけ締め付けられるような感じの肩コリだったのに??」と不思議がる。午前中に北里大学病院にインターフェロン注射その足で当方に午前中一回、午後一回の繰り返しを一ヶ月半程度経過したとき、検査結果が正常値になる。

 これは、インターフェロンが7月末で終わり、光線治療のみとなったからと推測している。8月末会社に復帰し今年42年間勤め上げた会社の定年を迎えた。

 先日(4/20)、全国光線普及協会主催の新潟大会にご出席頂いた。その時のことである。

 「私が当時C型肝炎と診断された時、私以外に同日三人が同じ診断を受けインターフェロン治療を共に受けたがお一人は契約(半年の契約を病院とした)期間前に止め、そのためかどうかは分からないが数年後に亡くなったと聞いた。他のお二人は契約どおりインターフェロン治療が完了したが、昨年肝臓ガンで亡くなられた。残っているのは私一人です。光線治療を選択し、実行したのは私だけだと思います。」との事であった。


埼玉県菖蒲町  ○藤○様(60歳)の体験です。

悩まず・諦めないでご連絡下さい。

ご予約は電話でお願いします。ご相談はメールでもどうぞ!!

サンフォートピア
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/archive1-200803.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: