忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75
どんな病気? 


胃がん
 
栃木県○○町
○久津 ○子
 
 平凡な毎日を送り健康には自信のある生活を送っていたのに、ある日吐気がして“あれっ”と思い“食べすぎたのかな?”と思っていました。
 そして数ヶ月過ぎた頃、また吐気がし“ココアを飲みすぎたか?”と思い、また普通の生活をしていました。食欲はありましたが、自分でなんとなく“痩せたかな?”と思っていたら二,三ヶ月で四キロも痩せてしまったので病院へ行き胃カメラの検診を受けました。その結果「胃がん」と言われた時は“まさか?”と思いつつも頭は真っ白になり、先生の説明も耳に入りませんでした。
 帰りの電車の中で“どうしよう?どうしよう??”と考えるだけで、気持ちの整理がつかず、家に帰ってからも主人にさえ、病名を話す事をためらう程の状態でした。
 
 主人が子供たちに話し、飛んで来た娘は私の痩せた姿に涙ぐみながら「私が結婚したばかりなのに、もしもの事があったら嫌だよ」と泣かれた時は何とも言葉が出ませんでした。
 
“さあ大変”と家族で話し合い、手術は何時でも出来るとの結論から、まずは娘の提案する“光線療法”を徹底的に試みることにしました。取り敢えず六台の光線治療器で一日に四~五時間の全身照射を続け、二、三ヶ月に一回の病院での検査を受けながら様子をみる事にしました。その間、がん細胞が大きくならない事と、食欲が出る事をひたすら願って毎日かけ続けました。
 
一時は身体にあせもの様な発疹がぽつぽつと出来て心配しましたが続けるうちに肌もきれいになり、ひとまず安心しました。また、夏の暑い日の光線照射は風呂に入った様になり“何故自分だけが・・・?”と考えて涙した事もありました。
 
そんな中での病院の検査に変化が現われ始めたのです。これまでの一年間は検査の度に「手術しなさい!!」と言い続けた先生が、首をかしげて始めたのです。がん細胞が平らになってきた事に驚いている様子が伺えたのです。
その後、一年に一回の検査の指示があり、検査を受けながら今年で三年が過ぎましたが異常がありません。二年間と言うもの、毎日が辛く長い日もありましたが、娘が“光線”に携わっていた事や、光線の先生の一生懸命のアドバイスが、私の身体にメスを入れることなく、“がん”を克服出来たことの有難さを今、身にしみて感じています。
 
今は健康を取り戻し、幸福な生活を送りながら“光線は健康に欠かせない宝物”と私は思っています。
 
 
こちらは全国光線普及協会 二谷副会長 のお客様の体験で、“サンフォートピアニュース H18年5月1日掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
サンフォートピアニュースも販売しています。(年会費1,000円 4回/1年発行)
 
 
悩まないで、諦めないで、ご相談下さい。
 
2008/03/20
サンフォートピア
光 線 治 療 院
松本 忠
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/archive1-200803.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: