忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[1]  [2]  [3]  [4

 ビタミンDって何なの?・・・・

ビタミンDはビタミンという名前はついていますが、おなじみのビタミンA、B、C等とは違い、栄養素というよりホルモンの1種として考えられています。(普通のビタミンでは無いのです)

  私達の身体(直接皮膚)に太陽光線(紫外線[uv-a])が当り、身体の中にある7・デヒドロコレステロール(脂の一種)が瞬時にビタミンDに化学変化をします。ビタミンDはそのままでは有効に利用されず、皮膚の直ぐ下の毛細血管より体内に廻り肝臓、次いで腎臓での活性化の過程を経て活性型ビタミンD3となり、はじめて様々な働きをしてくれます。
日に当ると、皮膚でビタミンD(VD)に変化。
(毛細血管を拡張しVDを循環させます。)

肝臓で25水酸化VD

腎臓で1.25水酸化VD

活性型ビタミンD(ビタミンD3)
(日光浴で造るVD3は過剰症の心配がなく、サプリメント、注射に頼ると過剰症が危険)



また、天日干のシイタケより一日の必要量を摂取するには、約4kgの干しシイタケが必要なのです。どうします?

様々な働きって?

まず、ビタミンDは骨を丈夫にしてくれます。

 活性化されたビタミンD3の働きを一言でいうと、体内摂取したカルシウムの吸収を高めるということ。すなわち小腸にある小腸粘膜上皮細胞にビタミンD依存性カルシウム結合蛋白を作り、口から入ってきたカルシウム(摂取)が、小腸の小腸粘膜上皮細胞にビタミンD依存性カルシウム結合蛋白と結合した分だけが血液中に吸収されるのです。カルシウム吸収や骨でのカルシウム代謝に作用し、血液中のカルシウム濃度を一定に保つ働きをしています。

 ですからビタミンDが不足すると、体内でのカルシウム代謝が乱れてしまい、子供ではくる病、大人では骨粗しょう症などの骨の病気を起こしやすくなります。骨を丈夫にするためには、カルシウムばかりでなくひなたぼっこ(ビタミンD)が重要といわれるのは、このためす。

その他の働きは、・・・免疫機能の強化?

 免疫機能の一つにマクロファージがありますが、これは単球がビタミンD3の力を借り、マクロファージに変身をするのです。単球は免疫機能の中では“見張り役”見張りしかできないのです。マクロファージは見張りをしながら異物を排除するのです。言わば刑事さんの様な存在になってくれるのです。また、リンパ球幹細胞がリンパT細胞に変身するにもVD3が必要ですし、リンパT細胞がヘルパT細胞に変身するにもVD3が必要なのです。とにかく免疫機能上VD3は欠かせないものなのです。

 それ以外では、様々な臓器を形成する細胞に対しビタミンD3が直接関与している器官は、現在明らかになっているもので、造骨細胞、副甲状腺主細胞、脳下垂体の甲状腺刺激ホルモン分泌細胞、表皮の細胞、肝臓の脂肪細胞、腎臓の遠位尿細管細胞、膵臓のβ細胞、胃のガストリン分泌細胞、妊娠動物胎盤主要細胞と先にお話した小腸粘膜上皮細胞などが上げられるのです。これらの細胞に“ひなたぼっこ“をするだけで過剰症を起こさないビタミンD3が出来ることを知っておいて下さい。一日中室内での仕事の方は”光線“で過剰症の起こさないビタミンD3を!!

2007/07/17
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com
PR
ひなたぼっこの重要性をブログに載せてます。

http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10037893555.html

こちらにもお立ち寄り下さい。

2007/07/04
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
新世紀の医療 サンフォートピア療法 

(1)光線治療器はいつ、どこで出来たの?
100年以上前のヨーロッパです
1897年デンマークのフィンゼン医師によって開発された光線治療器で不治の病とされる当時の難病治療に著しい効果をあげたことにより、1903年ノーベル医学生理学賞を受賞しました。

日本では?
1908(明治41)、ドイツ医学として日本に伝わり、その後明治政府の政策により西洋医学より離れ、民間療法として治療師達の手によって大正、昭和、平成と受け継がれて来た歴史ある伝統療法です。

 
(2)光線療法ってどんな治療法なの?
 万物はすべて太陽の元に創生され、動植物も太陽の光に順応する体の仕組みを備えております。ところが文明とともに発達した照明器具は、自然の光がなくとも、本を読んだり新聞を読んだり、室内や夜でも何不自由なく仕事をする事を可能にしました。これが結果として人間社会の日照不足を招き天より与えられた仕組みに反し、知らず知らずのうちに体の抵抗力を失い病気になりやすい体を作っていることは否定出来ません。かといって、この便利な文明に逆らう事も出来ない今日、日照不足を補う代役としての光線療法は、本来動物自身が体に持っている自然治癒力(自分で病気と戦う力)を高め、病気の予防に用いる画期的な自然治療法です
                                                                                              
(3)光線治療器ってどんな器械なの?
 フィンゼン医師(ニールス・フィンゼン)の開発した、人工太陽灯(フィンゼン灯)が原型であり、その後改良に改良がかさねられ、近年ではICの発達と共に、リモコン式全自動光線治療器へと、最新式の治療器具に衣替えしております。この器具に医療用カーボンを取り付け、電源を入れてスパークさせ高温で燃焼させ、その光を体に直に照射し、病気の治療に応用することから別名カーボンアーク灯とも云います。(厚生労働省の医療用具承認を受けた家庭用医療器です。)
 
(4)サンフォートピア療法ってなんなの?
 最新式全自動光線治療器をサンフォートピア療法用ベット(実用新案特許)5台設置し、天幕装置の中で人工日光浴を楽しみながらのリラックスした状態で治療が出来ることから名付けた商標です。
 
(5)光線療法に副作用はないの?
 光線療法は日光浴を原理としていることから、自然の太陽光線に最も近い波長を放出するよう工夫されていて、自然療法に最も近く、波長も太陽光線の10から20分の1と弱いことから安心して照射戴けます。
 
(6)論より証拠!!
 昔、車の様に便利な乗り物のなかった時代、どこへ行くにも歩いて行くしかなく、いやでも直射日光を浴びなければならなかった時代に比べ、文明の発達した今日、一日どれくらいの直射日光を浴びているのでしょうか?
 人が生きていくための大切な光化学物質は、体に数多く存在する事を知らねばなりません。難治な病気でお困りの方、人に知られたくない病気でお困りの方は是非一度体験して見てはいかがでしょうか。又、ご相談はEメール、電話、ご来院共に無料です。お気軽にご相談ください。
                                        サンフォートピア療法
         休診日 木曜日                       
前日予約制(9:00~19:00)                 松  本   忠
 〒346-0031 埼玉県久喜市久喜本847-45
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: