忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[1]  [2]  [3]  [4
2007/7/28に下記ブログを
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/34/
書きましたが、その続編です。

沖縄の母(妻の)は9/1に帰りました。当方に来て最初の一週間は毎日30~40分の全身照射。その後一週間に5日程度次は4日程度と光線治療回数を減らしましたが、寝る事に対しても、血圧に対しても薬を頼っていませんでした。熊谷が最高気温を記録した関東で・・・
結果としては1ヶ月と11日間は間違いなく一切”薬”無しの生活だったのです。本人いわく”毎日ぐっすり眠っている、不整脈も分からなくなった”との事です。

また、8/31に二人目の孫が無事生まれました。体重3652gの肌がきれいな女の子です。そして、昨日我が家に退院して来ました。一ヶ月検診が終わるまで毎日一緒に暮らす事が出来ます。
本日”お七夜”です。



話は変わりますが。

9/3の14時頃最初の孫(1歳10ヶ月)がソファーより転落しテーブルの角に右側のおでこを強打しました。
当然大きなコブが出来ました。

皆さんならこんな時どうします?

私は迷わず”光線照射”です。その時の写真もありますが、この子の父親に了解を得てから写真付きで体験発表します。来週には・・・・と思っています。

光線治療器をお持ちの方は光線療法をまじめに勉強をして下さい。分からなければ当方に質問下さい。

サンフォートピア療法
光線治療院
松本 忠
〒346-0031 久喜市久喜本847-45
TEL 0480-23-7595

光線治療院
URL  http://www.kousenchiryouin.com/ 

光線治療体験記
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/   
                         
ひなたぼっこ
http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10037893555.html 

週三回以上更新しますので細かく見てください。

ブログ上に質問頂ければブログを見た人にも公開できますので宜しくお願いします。


PR

のんではいけない薬 拾い読み健康本 
 
記事:毎日新聞社
提供:毎日新聞社

【2007年7月30日】
拾い読み健康本:のんではいけない薬

 ◆のんではいけない薬=金曜日社刊、浜六郎著

 ◇必要な薬と不要な薬

 たまたま立ち寄った近所の書店で、平積みされているこの本を見て、想像以上の反響があるんだなと思った。昨年刊行される際、私のもとにも送られてきたのだが、じっくり読んでいなかったので、改めて目を通し、その謎が解けた。必要な薬と不必要な薬の実名がずばり出ており、読者の疑問に答えているからなのだろう。自分の薬が安全なのかどうかは、最も気になるところ。薬との付き合い方を考えさせる1冊だ。

 著者の浜六郎さんは、大阪で勤務医をしていたころから、日本での安易な薬の使用に疑問を感じ、仲間とともに医師、薬剤師向けの情報誌を作った。その活動などを通じて、国際的に評価される価値ある薬が日本では安くて、逆に評価の定まらない新薬が高価な現象に気付く。しかも、その仕組みが薬害を生む原因とみる。浜さんには、94年のソリブジン薬害などで、私たち取材チームも大いにお世話になった。

 さて、取り上げている薬は多岐にわたる。花粉症・アレルギー性鼻炎、抗インフルエンザウイルス剤、コレステロール低下剤などのほか、ビタミン剤やコンビニエンスストアなどで買える薬にも及ぶ。その1例を紹介しよう。血圧を下げる「降圧剤」について、浜さんは「そもそも今の基準をもとに血圧を下げるのはとても危ない」と主張。根拠となるデータを示したうえで、「必要」「ほぼ不要」「不要」を一覧表にまとめ、一刀両断で切っているのだ。新聞で、そこまで書けるか。うーん。だからこそ、受けているのだろう。【科学環境部副部長・砂間裕之】
 


全ての薬を止めて”光線療法”が健康に戻る為の早道です。

2007/07/31
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com

皆さんにご紹介します。
ウェブコント「エコタンク」です。
笑いも免疫力を増加させる我々人間が持っている特質です。
TVでは見ることの出来ない面白さです。
是非、アクセスし笑ってください。
笑う事で免疫力が増し、今お悩みの事が解決するかも知れません。

<a href="http://www.cmsite.co.jp/?anime/webcont/2/">第2話節ちゃん</a>



この”節ちゃん”とんでもない親子の会話ですが、でもちょっと視点が違えばどこのでもある様な会話でとても面白いと思っています。
これに近い会話あなたのお家でもしていませんか?

2007/07/28
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
| ■まぐまぐニュース
| ────────────────────────────────────
| ●3日もちませんでした
| 春先に社内でマラソン部を立ち上げましたが、廃部寸前です。一度だけ活動し
| たのですが、夜の焼肉打ち上げでカロリープラマイゼロを実感&翌日は全身筋
| 肉痛という悲惨な結果。それっきり、みんな「マラソン部」という単語を口に
| しなくなりました。当初はホノルルマラソンを目指していたマラソン部。エン
| トリーが始まったようですが、誰1人話題にしません。もちろん私も。(なお)
|
|
| なおさんへ
| 上記のための光線治療です。
| マラソンランナーの野口みずきも当方と同じ光線治療器五台で、身体をイジメ、その筋肉痛を光線治療で翌日に持ち越さず練習に励んでいます。
|
| 廃部とならずにこれからも存続させ、全員でホノルルマラソンを目指してください。
| どこがホームグランドかわかりませんが、久喜市の当治療院までマラソンで来て光線治療をやってみてください。筋肉痛がうその様に感じませんので。
| でも、その日の帰りにマラソンでは帰らず電車にして下さい。久喜駅まで車で送ります。(距離は2Km程度ですが)
| そして、光線の話題を全員でしてください。
| 私は、スキーが大好きでサラリーマンをしていた時も、スキーに行けば一日中ガンガン滑ります。翌日から一週間程度あちらこちらの筋肉が痛く辛かったのですが、この治療を行ってからはまったくその痛みが有りません。
|
| 廃部にならず、この情報が間に合えばよいのですが。
|
| サンフォートピア療法
| 光線治療院
| 松本 忠
| 〒346-0031 久喜市久喜本847-45
|
|
| 光線治療院
| URL  http://www.kousenchiryouin.com/
|
| 光線治療体験記
| http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/
|
| ひなたぼっこ
 http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10037893555.html


週三回以上更新しますので細かく見てください。

ブログ上に質問頂ければブログを見た人にも公開できますので宜しくお願いします。ブログのニックネームはご自身で付けてください。

 

女性の一生と骨量の推移


ある年齢から骨密度が下がってくるのですが、「人、全て同じ」では無いのです。毎日、“ひなたぼっこ”をしていれば40才以降の下り坂を緩やかにすることが出来るのです。逆に現在は巷で言われる紫外線バッシングを鵜呑みにし“ひなたぼっこ”をしない人たちが増え20才までの“骨貯金”(ボーンピーク)が目標に達していない人たちで一杯なのです。光線治療器を有効に利用し安心・安全のビタミンDをたくさんつくりましょう。後は身体が全て処理をしてくれるのです。

2007/07/17
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: