忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168

あなたはご自身の平熱を知っていますか?


 

36.5度が一般的に言われているところですが、健康な人の平熱は36.8度±0.34です。ですので、36.5度から37.1度の間が健康体の体温です。でも現在は36度以下の“低体温”の方がとても増えています。

 

光線は“光”の特性である“輻射熱”で身体の深部より温めます。冬の寒い日に陽だまりの中で身体が温まる感触はどなたでも経験があることと思います。

光線治療は特殊な専用ベッドの中で光線治療器(当方は5台)を素肌に向け、全身の“日光浴”をする治療です。結果として光の輻射熱を受け、体温が上がるのです。

 

最近に限りませんが“がん”の方が増えています。がん細胞が一番活発に成長する体温は35度台と言われています。また、体温が1度下がると免疫力が30%も低下することも分かってきているのです。

 

では、体温を1度上げると免疫力はどの程度上がるのでしょうか?実は、500600。つまり体温が1度上がると免疫力は5倍から6倍も高くなるのです。

 

体温を上げるには何も“光線”だけではありません。適度な“運動”も重要になってきます。

 

また、特に女性は毎日“紫外線”に怯えているのではないでしょうか?我々の身体に必要なミネラルの一つにカルシウムがあるのですが、そのカルシウムの摂取が阻害されるのが“紫外線”を敬遠することなのです。体内では常にカルシウムは使用されます。そのカルシウムを体内に吸収させるための方法は、私の下記ブログを参照下さい。

ガッチリ丈夫な骨づくり

http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10039910563.html

 

ビタミンDって何なの?・・・・

http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10040136790.html

 

日頃から日光浴と運動で体温を上げる努力をして下さい。

 

中々思うように体温が上がらない方!!“光線治療”をやってみませんか?


 

参考:体温を上げると健康になる  医師・齊藤 真嗣 著  サンマーク出版

 

~・*・~・*・[PR]~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*

各ご家庭に”光線室”が必要です!!


我が家の場合孫の肺炎、急激な嘔吐などでも光線です。


可愛い孫が肺炎と診断されて
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/2/


あなたならどうします???可愛い孫の嘔吐と高熱と下痢???私は光線で完治させました。
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/93/

また、テーブルの角にひたいを強打したときも光線です。

かわいい孫がソファーから転落しおでこをテーブルに強打!!

http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10104580635.html


妻の場合ですが。


30年の悩みの種が光線治療でなくなりました。 腎臓結石!!
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/3/


サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: