忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アトピー薬使用後にがん 米で子ども46人

2010年3月23日   提供:共同通信社

 

 

 

 【ワシントン共同】日本でも販売されているアステラス製薬の「プロトピック」(一般名・タクロリムス水和物)など2種類のアトピー性皮膚炎治療薬を使った米国の子どもが、2004年1月~09年1月の5年間に計46人、白血病や皮膚がんなどを発症し、このうち4人が死亡したと米食品医薬品局(FDA)に報告されていることが21日分かった。

 適応対象外の子どもに使ったり、長期間使い続けたりするなど、使用法が守られていないケースが多いという。因果関係は明確ではないが、発がんと関連する恐れがあるとして、FDAは近く専門家会議を開き、薬の添付文書改訂を検討する。

 もう一つの薬はノバルティス社(スイス)の「エリデル」(日本未発売)。いずれも塗り薬で免疫抑制作用がある。

 FDAによると、0~16歳でプロトピックを使った15人、エリデルを使った27人、両方を使った4人の計46人が皮膚がんやリンパ腫、白血病を発症した。

 うち50%は、添付文書で「使うべきでない」とされている2歳未満。41%は、安全性が確立していないと注意喚起されている1年以上の長期使用。プロトピック使用後にがんになった子どもの26%は、有効成分濃度0・03%の子ども用ではなく、濃度0・1%の大人用を使っていた。

 FDAは05年にも、発がんと関連する恐れがあるとして、使い方に注意するよう呼び掛けている。

 

悩んでいないでご相談下さい。

2010/03/24
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com
 

PR

アトピー

太陽光線療法と出会って

大○市錦○2-○-8
○○寺 佐○子

 私の娘(現在小学6年)がアトピーで二歳の頃から一進一退の毎日でした。五、六歳の頃は夜もよく眠れない

程ひどく、夜半に目を覚ましては、二、三時間かゆがって疲れて眠るという日々でした。しかし、幼稚園年長の

時にステロイドを止め、自然療法を始めました。すると一年ぐらい経ったら、皮がはげおちてアトピーとはわか

らない位になりました。本人も親も随分楽になり安心していたところ、風邪をひくとぜんそく状態になり、小学二

年の終わりから三年生の時には毎晩の様にゼーゼーと音がする時もありました。その後ぜん息が落ち着いて

きたらまたアトピーが出はじめ、顔、首、ひじの内側、ひざの裏とだんだんひどくなりました。

  五年生の十月末にカナモリの吉村さんの奨めで光線治療を始めました。四基で全身に浴びましたが、一時(イ

ットキ)は胸、腹にも湿疹が出ましたが20回から30回くらいの頃から皮膚がはげおちてきました。光線を浴びると

汗が流れ出るようになりました。まず、ひざの裏がほとんど良くなりました。顔(特に目の周り)は皮がはげ落ち

ていくのが激しく額と額の髪の生え際は段ができる程でした。そして前頭部をとてもかゆがっていたら、シャン

プーの度にゴソーッとはげおちて、下からきれいな地肌が現れました。十二月に一台購入し、家でも治療でき

るようにしました。十月末から冬休みまで全身治療し、その後、水、土曜に全身治療、その他の日は自宅で足

裏に三十分~一時間かけるようになりました。

  特に助かったのは、持久走大会で呼吸困難になった時です。家で、足裏にかけ落ち着いてから吉村さんのと

ころへ行き全身に照射しました。次の日は普通に登校しました。
また、インフルエンザで高熱の時、足の裏にか

け続けました。ぜん息がおこらなかったので順調に回復しました。

  六年になり修学旅行から帰って来て翌朝起き上がれなかったので足裏にガンガンかけました。朝は「起きれ

ない。学校は休む」と言っていたのに一眠りしたら、起きてごはんも食べ宿題もして登校しました。

  夏になりとても暑がり、体調が悪い時だけ足裏にかけています。首とひじの内側が治りにくく、少し涼しくなっ

てきたのでまた毎日かけようと思っています。

  光線を一台購入したのでいつでも誰でも治療できるようになりました。実は私も四基で体験しました。下の娘

(当時六歳)もアレルギーがあるので(今はほとんどわかりません)治療を体験しました。それで大変気に入り購

入したのです。それがとても役に立ち私は毎日利用しています。「光線療法学」が愛読書で、その時々に応じい

ろいろな治療をしています。少しぜん息気味なので、それに応じ、またどこか痛い時、インフルエンザの時風邪

で耳が痛くなった時、病院に行かなくて二日で治りました。神経が高ぶり眠れない時(光線をかけると)いつの間

にか、眠りについています。その他諸々、きりがない程自分で治療しています。下の娘も同じく風邪の時、けが

の時、健康維持の為、毎日利用しています。


 昨年は、春先に少しアトピーが出て首のところが赤くなったのですが、今年の春はおかげで出ませんでした。

これからも治療の毎日だと思います。
小川先生の講演会が楽しみです。

 

上記は、全国光線普及協会編集・発行の光線療法体験集掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。

悩んでいないでご相談下さい。

2010/03/20
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com
 

アトピー
 
長く苦しんだアトピーが五ヶ月で
 
愛知県○○市
野○ 千○子
 
 生後二ヶ月頃長女の顔全体が赤くなり湿疹ができました。アトピーと診断されステロイドを使用するきっかけになりましたが三ヶ月位で湿疹も消えて長女の肌もきれいになりました。その後、しばらくは湿疹もできることがありませんでしたので、治ってしまったものと安心しておりました。
 
 ところが中学二年の頃、手の指に少しずつ湿疹がではじめ瞼、首、肘に広がってきました。皮膚はカサカサになり痒みもまし、どうしても掻いてしまいます。描いたあと皮膚はジクジクして、血がにじみ、痛くて長女は顔をゆがめ、ジーッと我慢をしていました。
 
 なんとなく手の指が細くなってしまったように思えました。この頃にはまたステロイドを使用するようになり広がっていく湿疹を治そうと塗る回数も増えていきました。
 
 湿疹が顔に広がっていくと顔を気にしたり、人前でてを出すことも恥ずかしいと悩みはじめ、鏡で顔を見たり手を見ては不安な気持ちを話してくれました。そんな長女に私は言葉で励ます以外、悩み苦しんでいる気持ちに応えてあげられませんでした。ただ長女がいつも明るく前向きに考え過ごしている様子にホッとしたり反面先のことが心配でなりませんでした。
 
 長女も今年二十歳を迎え来年は就職です。他に治療方法もわからないまま六年が過ぎました。気持ちも焦り、精神的にも辛い日が続いていた時、光線に出会いました
 
 院長先生からは「ステロイドを長期間使用していたことで陽性反応がどれほどでるかわかりませんが、絶対に副作用もなく心配もありませんので、安心して治療をして頂けます」とお聞きし、器械を一台お借りしました。光線をかけるようになり約十日位で陽性反応が出ました。顔全体が腫れ一週間ほどは目も開けることができなく口もスプーンがやっと入るぐらいしか開けることができませんでした。肘の上から指先まで真っ赤に腫れ皮膚が見えないほどの湿疹とカサカサで肘も指も曲げることができず特に手は赤くて薄い皮膚のところが破れそうでした。
 
 陽性反応のひどさに長女は不安と恐怖で眠れなくて泣いていました。
 
 一週間が過ぎた頃には口も目も少しずつ開けられるようになり学校の先生、友達に励まして頂き、まだ顔はリンパ液の臭いも気になるようでしたが手と肘に包帯を巻いて学校に出掛けるようになりました。
 
 光線をかけ全身照射も加えて五ヶ月、湿疹も痒みもほとんど無く今は体質改善のために光線治療を続けています。本当に光線に出会えてよかったとうれしく思っています。

 院長先生、スタッフの皆様の暖かい心に支えられ長女も苦しいこと、辛いことを一つ一つ乗り越えることができました。心から感謝しています。
 
 
 
上記は、全国光線普及協会編集・発行の光線療法体験集掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
 
悩んでいないでご相談下さい。
 
2010/03/19
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
アトピー
 
辛い陽性反応に耐えて
 
愛知県名古屋市○○区
大○ ○子
 
 小さい頃(赤ちゃんの頃)からずっとアトピーで塗薬はステロイドをワセリンで薄めたものを顔・首・肘裏・膝裏その他に塗っていました。光線を始める前はそれに加えて二週間ぐらい漢方薬も服用し、この間も、ときどき頭がジクジクしたり顔や体に赤味や痒みがあったり、薬を塗って治まったりの繰り返しで塗薬は毎日手放さない状態でした。平成十年十一月十二日から光線を始め、十二月二十九日までは毎日一日一回五台であてていました。始めて三日目ぐらいから、顔が赤くなりカサカサになって皮膚が厚い感じになってきました。
 
 一週間ぐらいしてから、顔がつっぱって腫れぼったくなって、不安だったけれど、まだこの時は「これくらいならしょうがない」という感じで、我慢していました。光線を始めて一ヶ月(十二月中旬)さらに顔が腫れて、つっぱって、赤く皮膚がめくれ、ゴワゴワした感じになってきました。首・肩・腕にすごい痒みが有り、冬なのに汗疹がジクジクした感じになり、陽性反応だからしょうがないとわかっていても、とてもイライラしてしまいました。ヒリヒリして眠れないし、脇・脇腹はきれてくるし、眠っている間、無意識に首・腕・お腹を引掻いて、まっ赤になってむけてくるし、顔の腫れもひどく、口も普通に開けられなくなってきました。
 
 十二月の末(光線を始めて一ヶ月半、回数にして39回)この段階でひどい所は、顔・あご・首・肩・脇(腕の付け根)・脇腹・肘裏・胸・お腹・下腹。お正月の一週間、休みの間、光線器を一台借りて、一日三時間から五時間ぐらい家であてました。今思えば、この一週間が一番ひどかったように思います。つらい一週間、顔が今までにないぐらい腫れ、口が数ミリしか開かない状態で、赤いというよりヤケドみたいに赤黒かったのです。脇・脇腹からリンパ液が出てきて、パジャマに黄色い汁がベットリつき、体中バリバリに乾燥してヒリヒリ痛かったのです。
 
 一月九日から一日二回にしました。(44回目から)脇・脇腹がとても痛いし、夜眠れないので、手をベッドに縛って寝ました。一日二回にしてから、首の後ろもリンパ液が出てきて、生え際がジクジクして髪の毛が頭にくっつくようになってしまいました。首を左右に向けるだけできれて痛いので動かせないし、脇もきれているので腕も動かせない状態で気分的には”本当に良くなるのか?いつ良くなるのか?他の人は良くなっても自分は例外なんじゃないか?”と思ったり、とても不安でしたが、スタッフのみなさんに励まされてなんとか乗り越えてきました。
 首・胸の上・あごのあたりもリンパ液が出てきてヒリヒリして痛く、この時光線57回ぐらい。
 
 二月の中旬(始めて三ヵ月、光線100回ぐらい)から一日三回にしました。一日三回にしてから前と横の髪の毛の生え際からリンパ液が出てきて、バリバリにくっつき、赤くなってとても痒い状態でした。結局このリンパ液が出なくなるまで約二ヶ月かかりました。三月の中頃(始めて四ヶ月)から週に一回耳鍼治療も始めいて頂きました。三月の末頃、耳の後ろ(髪の毛がない部分)からもリンパ液が出てきてヒリヒリして辛いので、光線器を一台借りて一週間、家でも集中して耳の後ろだけ夜中二時間から五時間ぐらいあてていました。十日ぐらいで治まってきました。三月の末で光線約200回。この時の症状は、頭はリンパ液が出て、顔は黒く皮膚が張っていて、肘裏・膝裏は赤くむけて、胸・下腹もきれている状態。脇がきれていたのは、だいぶ良くなってきてときどき赤くむけているだけで、首はそんなに違和感なく(突っ張らないので)左右に向けるようになってきました。四月の末頃から一日三回だった光線を、一日二回の日も入れ、五月の初めには毎日一日二回にしました。この頃はだいぶ痒みも気分的にも楽になってきて、五月の末頃(一日二回にしてから二十日ぐらい)特に変化がないので、一週間光線を借りて家であてました。(夜中に二時間から五時間ぐらい)変化や進歩が少しでもないと、気分的に焦りがでてきたり、イライラしてきます。光線にあたっているとなぜか安心してくるのですが・・・。
 
 六月の中旬(始めてから七ヶ月)から一日一回の日も入れて、六月の末頃には毎日一日一回(ここまで光線360回ぐらい)にしました。六月には、スポーツクラブにも通えるようになりました。光線治療を始める前は、運動しても、そんなに汗をかかなかったのに、信じられないぐらい汗が出るようになってびっくりしています。七月の中旬頃から一日二回を一日おきにして、八月に入ってから一日一回を一日おきに。九月の中頃から週に二回までになりました。光線を始めて十ヶ月、回数は400回を少し超えたぐらい。まだときどき痒みはあるので、体質改善の為にも光線は続けていきたいと思っています。

 運動して汗が出て夜ぐっすり眠れるという、数ヶ月でこの変化、自然治癒力を高める光線と耳鍼治療の効果。とても長かったけれど、やってよかったと思っています。それから、浄蓮院の院長先生はじめスタッフのみなさん、いつも明るくはげまして下さって本当にありがとうございました。
 
 
 
上記は、全国光線普及協会編集・発行の光線療法体験集掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
 
悩んでいないでご相談下さい。
 
2010/03/18
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
アトピー
 
光線を始めて半年後・・・・
 
愛知県○○市○○町
加○ ○子
 
 私には幼児期の頃からアトピー性皮膚炎がありました。それほど気にするほどのものではありませんでした。しかし高校に入った頃からとてもひどくなり、年に何回か病院へ行って塗薬をもらい体に塗るようになりました。アトピーはほぼ全身に出ていて、特に授業でプールに入った後は痒みがひどかったのですがその頃はプールそのものはそれほど気にせずに入っていました。夏服になると太陽に当たると腕が痒くなり、掻いてしまうとやはり見た目が気になり薬を塗りました。そうするとすぐに見た目はきれいになってしまうのでその時は満足するのですが、薬を塗らないでいると、また同じ様に痒くなるのです。背中などもひどかったので皆で着替える時は周りの目をとても気にしていました。病院に通っても一向に良くならず、薬を塗り続けていたせいか背中がしみのように黒くなってしまい、心配で何度も薬を止めようと思ったのですが、痒くて我慢ができないと塗ってしまい、何年もその繰り返しだったのでもう治ることはないと半分あきらめていました。
 
 そんな時に、にきび治療に訪れていたお店で光線療法の話を聞き「それで治るんだったら」と最初は軽い気持ちで始めました。その時点で今までの薬は一切止めました。

 毎日光線に当たるようになると、からだ全体の痒みが今までの何倍の強さで出始め、掻いたところから黄色の液が出るようになりました。夜も眠れないほど痒く、顔も真っ赤に腫れてしまい、本当に良くなるのだろうかと心配で不安な毎日でした。それでも一日に二回~三回と毎日集中して光線に当たるようになると、体も顔も驚くほどの皮がめくれ始めました。皮がめくれると、きれいな肌が少しずつ見え始め、また赤くなり、皮がめくれるという繰り返しでした。皮がめくれる度に、徐々に痒みも薄れていくのがわかりました。始めてから半年たった時には、体も顔も痒みがほとんどなく、肌もとてもきれいになり、夜もぐっすり眠れるようになりました。
 
 きれいになるまでは、とても長く感じ、いつまで続くのだろうかと思っていましたが、信じて続けてきて本当に良かったと思っています。そして毎日励ましてくださった、先生やスタッフの方々に、とても感謝しています。
 
 
 
上記は、全国光線普及協会編集・発行の光線療法体験集掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
 
悩んでいないでご相談下さい。
 
2010/03/17
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: