忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65
卵巣がん手術の後遺症を光線療法で
 
青森県弘前市
女性 55歳
 
平成19年7月8日、卵巣がんでリンパの全摘出手術を受けました。その後は抗がん剤投与の副作用で毛髪・体毛は全て抜け落ち、声は思うように出なくなりました。
抗がん剤を投与した日から身体に溜まった毒素を体外に排出するため、大量の水を飲むように医師から言われましたが思うように飲めずに苦しんでいた時、数年前に肘が痛くて困っていた時、職場の仲間から紹介された“ひろさき光線治療院”でお世話になり、良くなった事を思い出し、もう一度光線治療を試したいと思い9月から通い始めました。
この光線治療を始めるきっかけは、病院への通院治療をしている時、偶然にも“がんの痛み”をテーマにしたテレビの教育番組で光線療法の効果が報じられたものを家で見たことにありました。
治療を開始した時、術後の傷跡は赤く腫れ上がり、特に内視鏡を入れた傷跡がぐちゃぐちゃでひどい状態でした。
光線治療を開始して3日目、お腹と胸がヒリヒリする様になりましたが“その痛みは日焼けです”と聞いて安心して、毎日照射を続けたところ16日目頃から日焼けにより皮膚がむけだし、その後は綺麗な皮膚に戻ってきました。
休まず光線に通院する中で季節は秋も深まり寒くなっても傷跡の痛みも無く、これまであった便秘も解消され、指摘されていた癒着の恐れも無くなっていました。
30回目の照射が過ぎた頃には術後の傷跡と膿んでいた内視鏡の傷穴も綺麗になる他、全て抜け落ちた毛髪・体毛は以前にも勝るほど、しっかりとはえてきました。通院35日目で連続の光線治療を終了しましたが、その後は健康維持のため週に2~3回の治療を続けています。
 
追伸
光線治療開始から薬を飲むこともなく12月には無事職場に復帰することが出来、安堵した時、一ヶ月70万円もの健康食品を飲み続けながらも、3年前に骨髄がんで亡くなった夫の事を思い出し“後悔先に立たず”ではありますが、夫もあの時“光線治療を受ければ”とつい考えてしまいます。
 
 
提供
 
ひろさき光線治療院
工藤 妙子
 
 
上記は、全国光線普及協会編集・発行のサンフォートピアニュース第28号掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
 
諦めないでご相談下さい。
2008/02/26
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: