忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61
痔瘻
 
嫁入り道具
 
千葉県○○市
○澤 ○子  三十五歳
 
 私は嫁入り道具として、光線治療器を持たされました。
 結婚後しばらくし主人が痔瘻と医者より診断されました。一ヶ月の入院との事。新婚でも有り、自分で仕事をしている事も有って時間も取れず、困って母に電話をすると「何時間でも害にならないから三台で足裏・肛門・腹に照射しなさい」と言われ、光線治療を開始しました。八時間後(主人は照射中[気持ち良い]と言っていました)の事です。尾骶骨の脇に穴が二つ開き、そこから膿が・・・・ティッシュペーパー一箱使い切りました。膿が全て出てしまったのか、今までは正座など出来なかったのですが、この後は正座で食事をし“本当に苦しかったのかしら”と思うくらい良くなり、夜はグッスリと眠って、翌朝はスッキリした顔で「おはよう」とのこと。昨日は何もなかったかの様に。昨日開いた二つの穴に絆創膏を張り仕事に出掛けました。光線の威力にただ驚きです。仕事から帰って来ると風呂に入り光線照射を毎日しました。穴からは膿、そのうちツユが出てきてツユも出なくなると中から肉がもり上がってきて、三週間位で元通りになり痛みも無くなりましたが、毎晩足裏に照射してから休んでいます。
 我が家は子供が三人おり、上の男の子は幼稚園の頃より愛好者で、一寸した事でも自分で光線照射していました。小学校に入るとサッカー少年となり、練習、試合と大変きつく、帰って来るとすぐに照射し、少々のケガも全部光線で治し、今年より中学に入学、成長期に多い骨の病気にも罹らず、サッカーの友達は病気に罹り運動禁止で悩んでいる状態。捻挫で足もつけなかったのが、三日で走り回ることが出来“自分は光線のお陰だね!”と喜んでいます。私も甲状腺をもっているのですが、元気に仕事をしております。医者の検査は受けておりますが「不思議だね??」と言われ続けております。母からのプレゼントがこんなに我が家の貴重品になるとは・・・・唯感謝です。
 
 
 
 
上記は、全国光線普及協会編集・発行の光線療法体験集掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。
 
悩んでいないでご相談下さい。
 
2007/10/17
サンフォートピア
光 線 治 療 院
E・メール  info@kousenchiryouin.com
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10037893555.html
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: