忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159

降圧剤などの薬を服用されている方々へ

今朝(2014/5/07)の若年性認知症を視聴していて

報道各社の方々へのお願いですが、若年性認知症を発症している方がどのような薬を服用しているのかを徹底的に取材して頂きたい。理由は薬の副作用で悩んでいる方々が多いことにあり、第二・第三の被害者を出さないための報道としてほしいからです。

 

私は血圧が高い・コレステロール値が高い(本来は気にしなくても良い程度の血圧)と医療機関より指摘を受けて降圧剤を服用している方にこの症状が出ていると考えているからです。また、いきなりの心不全も起こしていると感じています。昨年下記書籍を読んでみて“やはりそうなんだ”と思っていました。そして今日の報道を観たのです。

 

医者に殺されない47の心得 近藤 誠 著 ㈱アスコム

 

をご一読下さい!!

 

-36の中ほどに“体は年をとるほど血圧を上げようとします。脳や手足のすみずみまで血液を送り続けるため。それを薬で下げたら、ボケたりふらついたりしてしまいます。”とあります。

 

また、P-6には“血圧やコレステロールを薬で下げると数値は改善しても早死にするリスクが高くなること。世界中の数万人規模の追跡調査ではっきりしています”とあるのです。

 

-43には“世界中で売れているコレステロール薬の「病気を防ぐ確率」は宝くじ以下”とあり、コレステロールを下げる物質はスタチン類だそうですが、この効き目についてP-45の中ほどに“カナダのブリティッシュ・コロンビア大学のJ・M・ライト教授は臨床試験を重ねた結果「年齢にかかわらず、スタチン類は女性には無効。中年男性では‘悪玉コレステロール’の値が大幅に下がったが、総死亡数は減っていない。ほとんどの人が効果がないどころか、健康を害する危険すらある”と警告しているとの事です。また、“高血糖の薬も同じです。薬やインスリン注射で血糖値を厳格にコントロールして、延命につながったというデータは皆無。命を縮めたというデータはあります。”とあります。

 

まずは“光線治療”で身体の毒素(薬物の不要な成分)を追い出してみませんか?


 

各ご家庭に”光線室”が必要です!!


我が家の場合孫の肺炎、急激な嘔吐などでも光線です。


可愛い孫が肺炎と診断されて
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/2/


あなたならどうします???可愛い孫の嘔吐と高熱と下痢???私は光線で完治させました。
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/93/

また、テーブルの角にひたいを強打したときも光線です。

かわいい孫がソファーから転落しおでこをテーブルに強打!!

http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10104580635.html


妻の場合ですが。


30年の悩みの種が光線治療でなくなりました。 腎臓結石!!
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/3/


サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: