忍者ブログ
太陽光線を悪者扱いにするため、様々な病気・怪我で苦しむ事となります。それを解消するための”光線治療”です。
[101]  [100]  [99]  [98]  [94]  [97]  [96]  [95]  [93]  [92]  [91
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

膵臓がん

余命3ヶ月と診断された膵臓がん

光線治療院 ムー
樋口 仲恵


 膵臓がんの男性(49歳)

 平成12年9月上旬に隣の市の保健課より依頼があり、当治療院で保健指導のために“光線療法”の体験学習を行った。

 たまたま参加したこの男性の奥さんから、ご主人の病状について相談を受けた。彼は末期の膵臓がんで、あと3ヶ月と医師から診断され。その年の5月から体重が10Kg以上減り、歩行も困難なありさまだったがご本人は悪性であることを知らなかった。入院するも良し、自宅療養でも良いと、その判断は家族に任された。家族で相談した結果、入院せずに“光線治療”をすることになった。

 9月なかばから12月なかばまで毎日通い、一日一回の全身照射(4台で30分)を続けた。腹部と背中に波長1と波長2カーボンを、下半身(足の裏)に波長4カーボン2台を使った。

 光線治療器を1台購入して、自宅でも部分照射を行った。効果がしだいにあらわれ、血色が良くなり身体もしっかりしてきて、12月の後半から職場に復帰して半日は勤務できるようになった。

 今年の1月からは全身照射を週一回のペースにして、元気に仕事をしている。

 

上記は平成13年3月に発行されたフォトピーニュース創刊号記載分です。

悩まず・諦めないでご相談下さい。

ご相談はEメールにて

ご予約はお電話でお願いします。

サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL    http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/archive1-200803.html
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/04 光線治療院]
[08/03 qolfirst]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
松本 忠
HP:
性別:
男性
職業:
光線療法師
趣味:
光線治療で病んでいる方の改善
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

material by: